産後ダイエット中でもバストが小さくならない方法ってある?

産後ダイエット中でもバストが小さくならない方法ってある?

産後のダイエットをすることでバストが小さくなるなんて、そんなの絶対イヤ!痩せても大きくハリのあるバストでいたいですよね。

産後のダイエットでさらにバストが貧弱にならないよう、バストケアをあわせて行いましょう!

バストアップのための食事

産後ダイエット中でもバストが小さくならない方法ってある?

バストが小さくなる・垂れるという問題には、女性ホルモンの低下が大きく関係しているのですが、産後まだ体が十分に回復できていない時期や授乳期間中は、人工的な女性ホルモンを増やすサプリメントなどはおすすめできません。

毎日の食事で女性ホルモンを増やす栄養素を積極的に摂取するよう、工夫してみましょう。女性ホルモンを増やす栄養素はコチラです。

たんぱく質

たんぱく質は、女性ホルモンが分泌される卵巣を活性化させるために欠かせない栄養素です。

卵巣を活性化させる、肉・魚・乳製品・大豆製品などのたんぱく質を積極的に摂り、女性ホルモンの分泌を促すようにしましょう。大豆製品には、女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

コレステロール

コレステロールは、女性ホルモンの原料です。産後のダイエット中は、女性ホルモンの分泌が増える、肉・卵・油を意識して摂るようにしましょう。

ビタミン・ミネラル

卵巣を活性化させるためには、鉄分・ビタミン類が必要です。

産後ダイエット中のバストアップ方法

産後ダイエット中でもバストが小さくならない方法ってある?

腕立て伏せ

バストを支える大胸筋を鍛える腕立て伏せがおすすめです。習慣にすることで効果が期待できますので、ぜひ続けてくださいね。

壁を使った腕立て伏せや膝を付いた腕立て伏せでしたら、産後の体にも負担が少なく取り組みやすいと思います。

クーパー靱帯を守る

バストを支えるクーパー靱帯は、上下の揺れにより切れやすくなります。

一度切れてしまうと元には戻らないので、クーパー靱帯が切れにくい生活を心がけたいですね。バストが揺れないように、運動するときはブラジャーをつけて固定しましょう。

クーパー靱帯を保つために、バストアップマッサージを行うのも効果的です。バストアップマッサージを行うときは、より効果が期待できるようにバストアップ専用のクリームを使うのがおすすめです。

ナイトブラ

バストアップケアにじっくり取り組むことが難しい産後のお母さんに、ぜひおすすめしたいのが「着けるだけ」でバストケアしてくれるブラジャーです。

バストが成長するゴールデンタイムは夜間です。バストアップに必要な女性ホルモンが分泌されるこの時間帯に、バストケアとしてナイトブラを着けることは、とっても意味があることなのです。

睡眠中にバストが脇や上下へ流れてクーパー靱帯が切れるのを防いでくれますので、バストの下垂を予防できます。バストの形が整いバストアップも期待できますよ。

ナイトブラの選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

サイズ展開が豊富

ナイトブラは伸縮性があるため、サイズ展開がワンサイズしかないという商品もありますが、ナイトブラの効果を最大限に発揮するためには、できるだけご自分のバストにピッタリのサイズを選ぶことが大事です。

最低でもS・M・Lなど3サイズくらいはサイズ展開している商品がおすすめです。

昼夜兼用タイプ

「バストを下から上へ持ち上げる&上下左右に流れるバストをかき集めて整える」昼間と夜間のブラジャーの役割を兼ね備えた、昼夜兼用で使えるナイトブラがおすすめです。

パッドが付いていない商品もありますが、薄手の服でも乳首が透けない、パッド付きのナイトブラの方が使いやすいと思います。

産後ダイエット中でもバストケア

産後ダイエット中でもバストが小さくならない方法ってある?

産後ダイエット中は、体重を落とすことに集中してしまいますが、そんなときもちょっとした気遣いで、バストの下垂を防ぐことができます。

ダイエットもバストアップも上手く両立して、理想のボディラインを取り戻しましょう。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
「ダイエットの秘密」にいいね!しよう

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエットのコツカテゴリの最新記事