ドローインとは?ダイエット効果と正しい方法

ドローインダイエット ダイエットのコツ

薄着になるとポッコリしたお腹周りが気になる人は多いのではないでしょうか?

「腹筋を鍛えてお腹をスッキリさせよう!」と意気込んだもののツラくて挫折してしまった・・・という経験はありませんか? そんな人におすすめなのが“ドローイン”というダイエット方法です。

腹筋運動のようにハードではなく簡単にできて効果が高いという嬉しいダイエット方法です。

今回はそんな“ドローイン”の方法や効果についてまとめました。

スポンサーリンク

ドローインとは?

ダイエット、脂肪

あまり聞きなれない「ドローイン」ですが、英語の「draw in」からきていて「引っ込める」とか「空気を吸い込む」という意味です。

簡単にいうとお腹を凹ませた状態で腹式呼吸をするエクササイズのこと。

このように腹式呼吸しながらお腹を凹ませる動作を組み合わせることで、普段使うことが少ないインナーマッスルが鍛えられ、内臓を支える筋肉が強くなってポッコリしたお腹を引き締める効果が期待できるのです。

インナーマッスルって?

脚痩せ、むくみ、エクササイズ

筋肉は幾重にも重なって構成されているのですが、“インナーマッスル”とはその中でも骨に近い深層部にある筋肉の総称です。

別名「姿勢保持筋」とも呼ばれ関節と関節を繋いで滑らかに動かしたり、本来の姿勢を正しくキープしたりする役割があります。

ドローインのダイエット効果とは?

ドローインダイエット

ウエスト引き締め効果

ドローインでは“腹横筋(ふくおうきん)”と呼ばれる内臓に近い部分にある筋肉が鍛えられます。

腹横筋はお腹の中心にあってコルセットのように内臓を支えるはたらきをする筋肉。この筋肉が緩んでくると内臓を支えきれなくなって内臓の位置が下がり、体重がそれほど増えたわけではないのにお腹がポッコリと膨らみやすくなります。

しかも、腹横筋は通常の腹筋運動ではそれほど刺激されないのです。

お腹を凹ませながら腹式呼吸をする“ドローイン”は、腹筋運動のように激しいエクササイズではないのにダイレクトに腹横筋が鍛えられ、下がりがちな内臓を元の位置に持ち上げてポッコリお腹も解消しウエストを引き締める効果が期待できます。

基礎代謝アップ効果

ドローインというエクササイズ自体はカロリーを消費する効果は低いのですが、ドローインでインナーマッスルが鍛えられるとエネルギー代謝をアップさせる効果が期待できます。

“基礎代謝”とは特に何もしていない状態でも内臓を動かしたり体温を維持したり・・・生きていくために必要なエネルギーのこと。インナーマッスルなど筋肉量が増加すると代謝がアップして日常の生活を送るだけでもエネルギー消費量が増える効果があるのです。

さらにドローインを行いながらウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を行うと、消費カロリーが約40%もアップするといわれています。ダイエット効果が向上するのがうれしいですね!

便秘解消効果

ドローインはダイエット効果のほうが注目されがちなのですが、腹横筋が鍛えられることによって内臓を本来の位置にキープする筋力が強化され便秘が解消されるという嬉しい効果が期待できます。

「便秘」というと男性より圧倒的に女性に多いイメージがありますが、それは女性のほうがインナーマッスルを含めて筋力が弱く、内臓が下がって腸を圧迫し腸の動きが悪くなるから。ドローインでインナーマッスルが鍛えられると腸の圧迫が軽減され便秘が解消されます。

便秘が原因で下腹がポッコリしている人は便秘解消するだけでもお腹周りをスッキリさせることができますよ。

ドローインの正しい方法

ドローインはお腹を凹ませた状態で腹式呼吸をするエクササイズですが、やみくもに取り組めばいいというわけではなく効果を得るためには正しい方法で行うことが重要です。

基本の姿勢は立った状態で行いますが、初心者なら仰向けに寝た状態でもO.K!

初心者向け: 仰向けに寝てドローイン

ヨガマットなどに仰向けになって両膝を立て、手を腰の横に添えてリラックス。

鼻から大きく息を吸って空気を取り入れ口から息を吐きながらお腹を凹ませて何度か腹式呼吸しましょう。

ゆっくり息を吐きながらお腹を凹ませたら、その状態のまま30秒キープしましょう。

これで1セット。5~10回繰り返しましょう。

 

お腹を凹ませるときは“丹田”と呼ばれるおへそから5㎝ほど下にあるツボを意識してみましょう。

基本のドローイン: 立った状態で

足を肩幅に開き、背筋を伸ばした正しい姿勢で立ちます。正しい姿勢を意識しながらゆっくりと息を吐きお腹を凹ましていきます。

お腹が凹んだらその状態で30秒キープしましょう。

これで1セット。5~10回繰り返しましょう。

 

基本のドローインができるようになれば、家事や仕事の合間に行うと効果的です。腰が反らないように姿勢に注意しながら行いましょう。

食後は避けて

ドローインは手軽にいつでもどこでも行えるエクササイズですが、腹部に大きな圧力がかかるため食後は避けるようにしましょう。

できれば食後2、3時間おいてから行うようにします。また妊娠中・産後も絶対に避けましょう。

ドローインで手軽にダイエット!

ファスティング、腸内環境

いかがでしたか? 今回は簡単にできて効果が高いと話題の“ドローイン”の方法や効果についてまとめました。

お腹を凹ませながら腹式呼吸をするドローインは、コツさえつかめば仕事や家事の合間でも行える手軽なダイエット法です。ダイエット効果と同時に便秘解消や姿勢の改善など美容面でもうれしい効果が得られます。

ドローインは一時的に頑張ったからといってすぐに効果が出るものではなく、継続することでインナーマッスルが鍛えられウエストが引き締められていきます。

ダイエットをしてもなかなかウエストのくびれができなくて悩んでいた人には特におすすめの方法です! さっそく今日から始めて引き締まったウエストをめざしていきませんか?

コメント