産後に備えて産前よりできるエクササイズ法

産後に備えて産前よりできるエクササイズ法

産後太りは出産を終えた多くの方が経験しています。しかし、出産後は育児に追われ思うようにダイエットを行うことができません。

そのため、産後太りを予防するため、今回は産前よりできる効果的なエクササイズを紹介していきます。

ウォーキング

ダイエットのためのウォーキング、効果的なのは朝?それとも夜?

つわりも終わり安定期に入ると、妊娠中毒症の予防のためにも軽い有酸素運動はとても効果的です。家でじっとしているよりも、体を動かすことでストレス解消にもつながります。

1日5分ほどの短い時間でも構いませんので、体を動かすウォーキングを行ってみてはいかがでしょうか?

妊娠中に継続して体を動かしておくことで、代謝の低下を防ぎ、ダイエットを進めやすくなります。

さらに、出産も安産につながりやすいため、妊娠中には非常におすすめのエクササイズです。

ただし、ウォーキングを行う際は必ずよく知っている場所を選び、携帯や母子手帳を必ず持参して行いましょう。

ヨガ

ヨガと呼吸法ダイエット

ヨガは、スタジオで行わなくても自宅で簡単に行うことができます。深い呼吸からリラックス効果もありますが、じっくりと汗をかき、体の歪みも正していくことができます。

特に骨盤の歪みを解消できるポーズや便秘解消のポーズなどは、妊娠中には非常に効果的です。

ヨガの呼吸は出産時にも対応するので、是非この機会にマスターしておきましょう。

筋トレ

筋トレ、挫折

妊娠前のように、強い負荷をかけて行う筋トレは向いていませんが、軽い筋トレは妊娠中の基礎代謝の低下を防ぐことができます。

さらに、筋トレには暴飲暴食を防ぐ効果もあるようです。

おすすめは、スクワットで肩幅に足を開き、腰を落とすようにゆっくり膝を曲げます。下半身を鍛えておくことで筋力を効果的に上げ、さらには腰痛の予防にも効果的です。

さらに、骨盤底筋の筋トレも試してみましょう。

仰向けに寝て膝を立てた状態から、お尻に力を入れて肛門を閉めます。そこから、骨盤全体を上に引き上げていくイメージで動かすだけです。

骨盤周りの筋肉を鍛えることで、産後の骨盤の歪みを防ぎポッコリおなかやたるみの予防もできますし、腰痛も改善していくことができます。

産前だけでなく、産後もずっと続けることができるエクササイズです。

  

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエットのコツカテゴリの最新記事