小顔に見えるのは前髪あり、なし、どっち?

美肌、美容 ダイエットのコツ

小顔になりたいと思ったときに、手っ取り早く雰囲気を変えられるのがヘアチェンジですよね。しかし、小顔に見せたいと思ったときに前髪ありと前髪なしはどちらの方が効果的なのでしょうか?
 
一般的には前髪ありが顔の面積が小さくなるため効果がありそうですが、果たして実際はどうなのでしょう?
 
今回は、小顔効果に対して前髪は必要かどうか調べてみました!

スポンサーリンク

髪型と顔の形によってはどちらも効果あり!

美肌、美容

一見、前髪アリで顔の出ている部分を隠すことが一番効果的だと思ってしまいがちですが、顔の形によってかえって顔の大きさが目立ってしまうこともあります。
 
小顔に見せるためには、顔をできるだけひし形に、シャープな印象を与えることが大切です。
 
そのため、もちろん前髪を作って形を整えるのも効果的ですが、前髪を伸ばし、ワンレンで斜めのシルエットを作ってあげるのも小顔効果には非常に効果的なのです。
 
それでは、前髪ありと前髪なしが与える印象について一度まとめてみましょう。

前髪ありの効果とは?

前髪を作った場合、実年齢よりも若く見えたりかわいい印象を与えやすくなります。また、目元も強調されるのでいつもよりも目が大きく見えますよ!
 
そして、顔の縦長が気になっている場合、前髪を作ることで顔の横幅を強調してくれるので面長感が気にならなくなります。
 
そのため、面長の方は厚めの前髪を作って揃えたり、サイドに流すと小顔効果を実感できるでしょう。
 
四角顔の方は前髪を少なめに作ってサイドの髪を多めに残し、シースルーバンクにすれば小顔効果もあり、顎のラインも気にならなくなりますよ。

前髪なしの効果とは?

前髪なしの場合は、大人っぽく見えたり色気が出たりと、前髪を作った場合とかなり雰囲気に差が出ます。
 
前髪が長く残るため、頬周りの骨格補正も可能で顔を小さくしていくことも意外と可能なのです。
 
ただし、長すぎるよりも、適度に短く鼻下からリップラインでカットすることで動きを出すことができるため、小顔効果にはより効果的です。
 
丸顔の場合、ワンレンでサイドに前髪を流すと大人っぽさを出しながら小顔補正することができますし、四角顔でも顎で切り添えれば、あごのラインを隠してうまく小顔補正が可能です。