理想の体型を保つための骨盤ダイエット方法

DDLaboキャビテーション、返金保証 ダイエットのコツ

エイジングケアの中でも体型の維持といったボディケアに苦労している人は多いのではないでしょうか。 

年齢を重ねると若いころに比べて代謝機能が低下しますから、消費されるエネルギー量が減ってその分脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

これを防ぐためには食事内容を見直したり運動してエネルギー消費量を増やしたりといった対策が必要ですが、毎日の習慣を急に変えるのは大変ですし、何から始めたらよいか分からない人も多いでしょう。

そこで無理なく体型を維持するために注目したいのが骨盤です。骨盤と体型の関わりや骨盤ダイエットの方法について調べてみました。

スポンサーリンク

骨盤の歪みを正して”脱!おばさん体型”

理想の体型を保つための骨盤ダイエット方法

加齢によるスタイルの崩れの中でも、多くの人が悩んでいるのが、おばさん体型に代表されるウエストのくびれが無い寸胴や、お腹が出てきたなど腰周りの脂肪ではないでしょうか。

そこでカギとなるのが骨盤です。

骨盤の中には上半身と下半身をつなぐ重要な血管が通っていますが、骨盤が歪んでこれらの血管が圧迫されると、血流が滞ってむくみやすくなったり、代謝が低下して脂肪が燃焼されにくくなったりします。

また、骨盤が歪んでいると、一部分のみに負担がかかるため、筋肉が使われるバランスが悪くなり、骨盤周辺の腰周りに脂肪がつきやすくなったり、腰痛につながることもあります。

骨盤が歪みを正すには?

このように、骨盤は腰周りのスタイルに深く関わっているので、骨盤の歪みを正すことで、年齢とともに増えてきたウエウトの脂肪除去につながるかもしれません。

歪んだ骨盤を正しい位置に戻すには、整体やカイロプラクティックの施術を受ける必要があります。

しかし自宅でできるトレーニングによって骨盤周りの筋肉を鍛えることで、歪みの防止や改善に効果が期待できますから、気になる方はさっそく試してみましょう。

1日3分でOK!骨盤スクワット

理想の体型を保つための骨盤ダイエット方法

骨盤スクワットは、骨盤の引き締めに効果があると言われるトレーニングで、1日1回行うだけで十分な効果を得ることができると言われています。

やり方としては、まず脚を肩幅に開いて、つま先をできるだけ外側に向けます。

この姿勢をキープして45秒かけてゆっくりと腰を落としていき、さらに15秒かけて元の体勢に戻します。次に脚を肩幅よりやや広めに開いて、つま先をできるだけ内側に向けます。

先ほどと同様に、そのままの状態で45秒かけてゆっくりと腰を落としていき、15秒かけて元の体勢に戻します。

最後につま先を内側に向けたまま、15秒かけて体を前方に倒していき、ゆっくりと元に戻します。

このとき前に倒れてしまわないように骨盤で踏ん張るようなイメージで行うと骨盤の引締めに効果が期待できます。

まとめ

加齢とともに気になるのが腰周りのシルエットの崩れですが、脂肪がつきやすいのは骨盤の歪みが影響しているかもしれません。

整体で施術を受けたり自宅でできるトレーニングで骨盤周りの筋肉を鍛えることで、頑固な脂肪の除去に効果が期待できます。