中性脂肪が高い原因は?

中性脂肪が高い原因は?

健康に良くないと考えられている中性脂肪ですが、数値が適正であれば私たちの生命の維持に欠かせないエネルギー源です。

とはいっても、中性脂肪が高いと様々な病気の原因になるため注意が必要です。

皆さんのなかには健康診断で「中性脂肪値が高い」と指摘された人がいるかもしれませんが、中性脂肪が高くなってしまうのはなぜでしょうか? 

今回は中性脂肪が高くなる原因についてまとめました。

中性脂肪が高いと健康に良くない理由

中性脂肪、デブ、肥満

中性脂肪が高いからといってすぐに何らかの自覚症状が現れるわけではありません。それでは何が問題なのでしょうか? 

それは中性脂肪が高い状態でいることで、命にかかわる重大な病気を引き起こす可能性が高まるからです。

中性脂肪が血液中に増えてくると、善玉であるHDLコレステロールが減少して悪玉コレステロール(LDL)が増えていきます。すると血液がドロドロ状態になって血管が詰まりやすくなります。

こうして“動脈硬化“が生じ、脂肪肝や心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こす可能性が高まります。病院で「中性脂肪の数値が高い」といわれたら、すぐに中性脂肪を減らすための対策を取ることが重要です。

中性脂肪が高くなる原因-食習慣

中性脂肪,増える,

動物性脂肪の摂りすぎ

中性脂肪が高くなる理由の一つは中性脂肪のもとになる“飽和脂肪酸”を多く含むバター・ラード・牛脂など動物性といわれ脂質を摂りすぎることです。

焼肉を食べに行くとカルビやバラ肉など脂の多い部位を好んで食べる人や、焼き鳥の鶏皮を好んで食べる人、ベーコンやソーセージ、バターやチーズをたくさん摂取していると中性脂肪が高くなっていきます。

外食やファストフードが多い

外食やファストフードも中性脂肪を増やす原因になります。フライドポテトやハンバーガーなど脂質が多いファストフードだけでなく、外食でも知らない間に脂質が多い食事を取っていることがあります。

外食ではトンカツや唐揚げ、天ぷらやフライなど揚げ物や油たっぷりの炒め物が多いのです。

甘いものが好き

「食後のデザートは別腹」といって甘いものを好んで食べる人は注意が必要です。

中性脂肪は脂質だけでなく糖質の摂りすぎでも高くなります。ケーキやドーナツ、甘い菓子パンやクッキーなどには糖質だけでなく脂質も含まれているため中性脂肪を増やす原因です。

またフルーツは健康にいいから大丈夫・・・といって甘い果物をたくさん食べていると糖質の摂り過ぎになります。注意しましょう。

ご飯やパン、麺類をよく食べる

ご飯やパン、麺類が好きでよく食べる人も中性脂肪が高くなる可能性があります。

ご飯やパン、麺類の主成分は「炭水化物」でエネルギー源としては欠かせない栄養素ですが、炭水化物は体内で糖質に変化します。つまり、炭水化物を摂取しすぎると糖分をたくさん取るのと同じことになってしまうのです。

こうしてエネルギーとして使いきれなかった糖質は肝臓で中性脂肪に変化され増えていきます。

アルコールの摂りすぎ

アルコールそのものが中性脂肪に変わるわけではないのですが、肝臓でアルコールが分解される過程で中性脂肪の合成が促進されるといわれています。

また、アルコールを飲むときに一緒に食べるおつまみは揚げ物や動物性脂肪が含まれるものが多く、食べ物からも中性脂肪を増やす要素を増やしてしまいます。

食べ過ぎ

中性脂肪が高めだといわれた人のなかには、「外食もファストフードも控え、食事を手作りして栄養にも気をつけている」という人もいるかもしれません。

では、食事の量は控えていますか? 

いくら中性脂肪になりにくいものを選んで食べていても、いつもお腹いっぱい食べて摂取カロリーが消費カロリーを上回っているなら使い切れなかったエネルギーは中性脂肪となってカラダに蓄積されてしまいます。

中性脂肪が高くなる原因-生活習慣

ウォーキング、ランニング、有酸素運動

運動不足

中性脂肪が高くなりやすい原因のひとつは「運動不足」。

現代では交通手段が便利になり、意識していなければ歩くことが少なくなっているだけでなく、オフィスでのデスクワークがメインであれば1日にカラダを動かす機会は本当に少ないものです。

これでは食事から摂取するエネルギーのほうが消費するエネルギーより多くなり、使いきれないエネルギー源“中性脂肪”が増える一方です。

過度なストレス

「ストレスと中性脂肪って関係あるの?」と不思議に思うかもしれませんが、人は過度にストレスを感じると防御反応として「コルチゾール」というステロイドホルモンが分泌されます。

このホルモンは血糖値を上昇させる作用があるため、急激に上昇した血糖が中性脂肪を生成することになり中性脂肪が高くなってしまいます。

さらにストレスを感じると“やけ食い”したくなって、食べ過ぎたり飲み過ぎたりして中性脂肪を増やしてしまいます。

睡眠不足

生活習慣の乱れなどで睡眠時間が不足することでも中性脂肪が高くなることがあります。

なぜなら睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が減少するから。成長ホルモンは肌の修復・再生などを促進するホルモンですが、それだけでなく寝ている間に脂肪を分解する作用を持っています。

睡眠が不足して成長ホルモンが分泌されにくくなると、脂肪の分解がうまくいかなくなって中性脂肪が増えてしまいます。

喫煙の習慣

タバコに含まれるニコチンは、脂肪を分解する酵素の分泌量を抑えると言われています。

また喫煙の習慣がある人は悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪が増加して、善玉コレステロール(HDL)が減少するそうです。タバコは「百害あって一利なし」ですね。

中性脂肪が高くなる原因は様々

朝食置き換えダイエット

今回は中性脂肪が高くなる原因についてまとめました。

普段何気なく行っている食習慣や生活習慣の中に、当てはまることはありませんでしたか? 

生きていくうえで欠かせないエネルギー源である中性脂肪も、取り入れるばかりで消費されなければ体内に溜まっていく一方です。

現代では家から一歩も出なくても生活に困ることがないほど便利になっているため、意識しなければ知らない間に中性脂肪が溜まっているかもしれません。自分の習慣に中性脂肪を増やす原因がないか振り返ってみてくださいね。

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエットのコツカテゴリの最新記事