中性脂肪とコレステロールの違い

ダイエット、食事、バランス ダイエットのコツ

健康診断などで高めだと指摘される数値の代表的なものが「中性脂肪」と「コレステロール」。どちらもカラダに良くないイメージがあるかもしれませんが、実はどちらもカラダには欠かすことができないもの。ただ増えすぎることで病気のリスクが高まります。

それぞれの名前は知っていても違いについてはっきり分からない人が多いのではないでしょうか? そこで今回は“中性脂肪”と“コレステロール”の違いについてまとめました。

スポンサーリンク

中性脂肪とは

和食、味噌汁

中性脂肪は「トリグリセリド」とも呼ばれるもので“グリセロール”や“脂肪酸”からなります。

中性脂肪はカラダに悪いというイメージがあるかもしれませんが主にエネルギー源になるもので、人が生きていくためには欠かすことができない成分。中性脂肪は食事から取り入れられた脂質・糖質・タンパク質などが体内で分解されエネルギーとして使用されます。

ところが取り入れられたカロリーが消費されずにいると、余ったエネルギーが中性脂肪になり肝臓や皮下組織などに蓄積されていきます。

また、一度内臓や皮下組織に蓄えられた中性脂肪も、運動などで多くのエネルギーが必要になってくると血液中に放出されて燃焼されていきます。

コレステロールとは

ダイエット、脂肪

コレステロールとは何ですか?
脂質の仲間です。脂質にはコレステロールのほかに中性脂肪(いわゆる脂肪。トリグリセライド)、リン脂質(レシチンなど)、脂肪酸(リノール酸、EPAなど)などがあります。

出典: 日本動脈硬化学会

中性脂肪と並んで悪者扱いされがちなコレステロールですが、正常値であればカラダに欠かすことができない“脂質”の一種です。

コレステロールは、人の全身に約60兆個もあるといわれる細胞を包んでいる細胞膜の材料となったり、男性・女性ホルモンなどホルモンの原料にもなったりします。

また、脂肪の分解・吸収に必要な胆汁酸の原料やビタミンD の材料になります。このようにコレステロールはカラダの代謝や生命を維持する大切なはたらきがあるのです。

善玉・悪玉コレステロールとは?

ダイエット、食事、バランス

コレステロールというと「善玉コレステロール」とか、「悪玉コレステロール」という名前を聞いたことがあるはずです。

これらはそれぞれ別の種類のコレステロールというわけではなくコレステロールは同じです。同じコレステロールなのになぜ「悪玉」とか「悪玉」とか言われるのでしょうか? 

コレステロールは脂質の一種なのでそのままでは血液に溶けません。水と油が溶けないのと同じです。

そこでコレステロールが血液に溶けるようにするために「リボタンパク」と呼ばれる物質に結合されます。こうしてようやくコレステロールをカラダ中に運べるようになるのです。

この「リボタンパク」に含まれるコレステロールの比重によって「HDL(善玉)コレステロール」とか「LDL(悪玉)コレステロール」と呼び名が変わるのです。

善玉と呼ばれるHDLコレステロールは、体内の余ったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは肝臓で作られたコレステロールを末梢の血管にまで運ぶ役割、とそれぞれ役割が異なります。

中性脂肪とコレステロールの違い

ダイエット、体重計、減量

役割の違い

中性脂肪とコレステロールの違いのひとつは“役割”です。

中性脂肪は主に内臓や皮下組織に蓄えられエネルギー源になります。

一方コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの原料になったり短銃の原料になったりして、カラダの代謝や生命維持の役割を果たしています。コレステロールがエネルギー源になることはありません。

増える原因の違い

中性脂肪が増える原因の多くは毎日摂取する食事が影響しています。動物性脂肪や揚げ物、糖質や炭水化物の食べ過ぎやアルコールの多量摂取など摂取するカロリーが多くなると中性脂肪も増えやすくなります。

一方、コレステロールが高くなる原因は、食物から摂取されたものが約20%で残りの80%は体内で生産されるといわれています。

ちなみに食事では、肝臓がコレステロール作る材料になる肉の脂身やバター、乳製品などに多く含まれる“飽和脂肪酸”の摂りすぎが原因になります。

違いを知って正しい対処を!

ダイエットの食事

今回は、健康診断で指摘されることが多い“中性脂肪”と“コレステロール”の違いについてまとめました。

どちらもカラダに悪いイメージがあったかもしれませんが、それぞれ正常値であれば生きていくために絶対に欠かせない成分。

中性脂肪はエネルギー源としての役割がありますし、コレステロールは細胞やホルモンなどの原料になり生命を維持するために欠かせません。

とはいっても数値が高くなりすぎると健康を損ない動脈硬化などのリスクを高めます。食事や運動など原因に合わせた対処をして健康管理していきたいですね!

コメント