中性脂肪とは?中性脂肪値が高いことが原因で起こる健康不安と病気

中性脂肪,増える, ダイエットのコツ

あなたは最近、健康診断を受けましたか?

人間ドックや健康診断で指摘を受けやすい数値のひとつに「中性脂肪」があります。誰でも名前は聞いたことがありますよね?

健康診断ではほかにも「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」などの数値があって、実際に中性脂肪とは何かをはっきり理解できている人は少ないかもしれません。

そこで今回は、「中性脂肪」とは何か? また中性脂肪が高いことで起こる健康への影響についてまとめました。

スポンサーリンク

中性脂肪とは?基本の知識

中性脂肪、コレステロール、値

「中性脂肪=悪者」だと思われがちですが、中性脂肪は「トリグリセリド」とも呼ばれ、人にとって欠かすことができない“エネルギー源”です。

食事によって取り入れられた糖質・脂質・タンパク質はそれぞれ体内で分解されてカラダを動かすエネルギーになり生命を維持するために用いられます。ところが、活動して消費するカロリーよりも摂取するカロリーのほうが多くなると体内にエネルギー源が余ってきます。

ここで余ったエネルギーが「中性脂肪」として蓄えられるのです。

“中性脂肪”という名称から、食事から取り入れる“脂肪分”が中性脂肪に代わるというイメージがあるかもしれませんが、実は糖質やタンパク質もエネルギーとして使用されないでいると、最終的には中性脂肪になるというわけです。

中性脂肪と体脂肪とは違う?

中性脂肪、デブ、肥満

中性脂肪は人が活動するためのエネルギー源ですが、体脂肪とはカラダ全体の脂肪すべてを含むものです。つまり体脂肪には中性脂肪だけではなく内臓脂肪や皮下脂肪などすべての脂肪を総称したものです。

体内で消費されずに余った中性脂肪は内臓や脂肪に蓄積され体脂肪になります。

これら体脂肪もある程度はカラダに必要なもので、内臓脂肪は内臓を正しい位置に保つクッションのような役割を、皮下脂肪は体温をキープし外部からの衝撃をやわらげたりする役割があります。ただ、必要以上に蓄えられると生活習慣病の原因になります。

中性脂肪値が高いとどうして健康に良くないの?

中性脂肪400

健康診断で中性脂肪の数値が高いと指摘された場合でも、自覚症状としてあらわれることはありません。では、何が問題なのでしょうか?

中性脂肪とコレステロールの関係

中性脂肪と同様に血液検査で分かる数値に「HDLコレステロール(善玉コレステロール)」や「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」があります。

「コレステロール」も中性脂肪と同じように悪者扱いされることが多いのですがカラダには無くてはならない大切なはたらきがあり、約60兆個もあるとされる細胞の一つ一つの膜を形成し細胞を守るという重要な役割を果たしています。

ほかにも体内のホルモンや脂肪を消化・吸収するための“胆汁酸”の原料になります。

このようにカラダに欠かせないコレステロールですが、不要なコレステロールを血管に残してしまう「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」が増えすぎると、いわゆる「血液がドロドロ」の状態になります。

中性脂肪とコレステロールには密接な関わりがあり、血液中に中性脂肪が増えすぎると、善玉の「HDLコレステロールが」が減少して、悪玉の「LDLコレステロール」が増加して生活習慣病のリスクが高まるといわれています。

中性脂肪が高いことで引き起こされる病気

中性脂肪,増える,

健康診断で中性脂肪が高いことを指摘されたけれど、特に自覚症状もないし「何か問題があるの?」と感じる人も多いかもしれません。

確かにすぐに何かの病気になるというわけではありませんが、中性脂肪が高い状態が続くと重大な病気の原因になりかねません。

動脈硬化

“動脈硬化”とは、心臓から送り出した血液をカラダの隅々に運ぶための“動脈”が硬くなる状態です。

“動脈硬化”という名前を聞いたことがあると思いますが、これ自体は病名ではありません。

血液中に中性脂肪が増えると、血管をドロドロ状態にする原因になる悪玉の「LDLコレステロール」が増えます。すると、本来は太くてしなやかな動脈の血管の壁が厚くなったり硬くなったりして血管の内部が狭まり“動脈硬化”状態を引き起こすのです。

こうして生命に関わる病気を発症する危険性が非常に高まります。動脈硬化は全く自覚症状がないままに進行し、ある日突然心筋梗塞などの症状を引き起こす原因になるため「サイレントキラー」とも呼ばれます。

脂肪肝

“脂肪肝”とは増えすぎた中性脂肪が肝臓に溜まって、肝臓の30%以上蓄積された状態です。

イメージとしては肝臓が“フォアグラ”のような状態になったもの。

脂肪肝になったからといって痛みなどの自覚症状はすぐに現れるわけではありませんが、脂肪が蓄積されることで肝臓の機能が低下し、放置していると「肝硬変」や「肝臓ガン」などの重大な病気になるリスクが高まります。

脂肪肝は必ずしも肥満体型の人だけでなく一見スリムな人にも見られるので油断は禁物です。

心筋梗塞・脳梗塞

“心筋梗塞”とは、心臓に血液を送る“冠動脈”で「血栓」と呼ばれる血の塊が詰まることによって生じます。この「血栓」が脳の血管で詰まると「脳梗塞」になります。

どちらも命にかかわる重大な病気なのですが、その原因は“動脈硬化”。血液中に中性脂肪が増えることによってコレステロールが増加し血管に脂質が溜まって血管を狭くし、血管が詰まる原因になるのです。

このように「中性脂肪の増加」→「動脈硬化の進行」→「心筋梗塞・脳梗塞」と深刻な病気の原因になります。

中性脂肪値が高いことのリスクを知ろう

朝、女性

今回は、健康診断で指摘されることが多い「中性脂肪」とは何か? また中性脂肪が高いことで起こる健康への影響についてまとめました。

何かと悪者扱いされることが多い「中性脂肪」ですが、人が生きるうえで欠かすことができないエネルギー源です。

ただ、中性脂肪値が高いと指摘されたからといってすぐに病気になるわけではありませんが、増えすぎると生命にかかわる深刻な病気を引き起こす原因になります。

健康診断で中性脂肪が高いと指摘されたら、「どこも痛くないから・・・」とそのまま放置せずリスクを考えて減らす努力を始めましょう。

 

コメント