スポンサーリンク

睡眠不足になると贅肉が増える?その仕組みと理由

睡眠不足は、美容や健康などにあらゆる影響を及ぼすことがわかっています。そして実は、睡眠不足が太る原因にもなることをご存知でしょうか?

しっかりと睡眠をとらないだけでダイエットが上手くいかなかったり、いつもと変わらない食事をしているのに太ってしまうなんてことも起こっているかもしれません。

今回は、そんな睡眠不足による太る仕組みと理由について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グレリンとレプチンが通常通り分泌されない

睡眠不足,贅肉,増える

体の中には、体のあらゆる部分に影響を及ぼすホルモンが多数存在しています。その中でも食欲に影響を及ぼすのが、グレリンとレプチンです。

グレリンは食欲を増加させ、レプチンは食欲を抑える作用があります。

しかし、睡眠不足によってグレリンの分泌量が増加し、レプチンの分泌量が減ってしまうのです。

すると、食欲ばかりが増加してなかなか満腹にならず暴飲暴食を重ねてしまうのです。

脳機能がしっかり働かなくなる

深呼吸,ダイエット,効果,やり方

睡眠不足が続くと、頭がぼーっとしたことはありませんか?

睡眠不足は脳機能の低下を引き起こしブ、ドウ糖をエネルギー変換する機能が上手くいかなくなってしまいます。

また、空腹中枢や満腹中枢もうまく働かなくなるため、通常通り食べても満腹感を感じることができなかったり、味の濃いものを食べたくなったりしてカロリーオーバーしてしまうのです。

新陳代謝が低下する

ダイエット,ボディメイキング

本来は睡眠中に成長ホルモンが分泌され体の代謝を促してくれますが、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が少なくなり、代謝が上手くいかなくなってしまいます。

すると新陳代謝も低下し、普段通りの食事や生活を送っていても同様のカロリーを消費することができず、気づかぬうちに脂肪が蓄積してしまうのです。

筋肉量が減ってしまう

ダイエット,ボディメイキング

成長ホルモンの分泌量が減ると。細胞分裂を促せなくなり筋肉量も減ってしまいます。筋力が減ると今まで以上に代謝も落ち、普段通りの生活でも痩せにくくなってしまいます。

とくにダイエット中の睡眠不足は失敗の原因にもなるので、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク