レコーディングダイエットって何?その効果と正しいやり方

レコーディングダイエット ダイエットのコツ

食べたものを全部記録するだけという、とてもシンプルな方法なのに、効果が高いと評判なのが、レコーディングダイエットです。レコーディングダイエットの効果と正しいやり方について紹介します。

スポンサーリンク

レコーディングダイエットとは?

BMR、レコーディングダイエット

辛い食事制限や運動は、なかなか継続することが難しく、ダイエットもうまくいかないことはありませんか?

しかし、レコーディングダイエットは、ただ食べたものを3食すべて記入していくだけの簡単なダイエット法で、特別な器具も必要なく、気になったらその日からすぐに始めることができるダイエット法です。

ちょっとしたコツとルールを守るだけで、確かな効果をたくさんの方が実感しているダイエット法ですので、辛いダイエットが苦手な方は一度試してみてはいかがでしょうか?

レコーディングダイエットの効果は?

ダイエット、食事、和食

レコーディングダイエットでは、自分が1日に食べたものをすべて記入していきます。

その日に食べた物までは覚えていても、1週間前の記憶は当然薄れていってしまいますよね。

しかし、体はそうはいかず、食べれば食べた分だけ体に蓄積され、太り過ぎの原因につながってしまいます。

レコーディングダイエットをすることで、その日一日自分が何を食べたかの振り返りをしながら献立を考えることができ、さらには1週間前の食事内容も確認できるので突発的な暴飲暴食を防ぐことができます。

慣れてくれば自然と食べたもののカロリーも覚えることができるので、自然とカロリーが低いものを選ぶことができますし、レコーディングを続けることでリバウンドも防いで体形を維持することもできますよ!

正しいレコーディングダイエットの方法

レコーディングダイエット

まずは、1日自分が食べたメニューをすべて書き出してみましょう。

最初からカロリー計算をしていると面倒になり、すぐに嫌になってしまうので、まずは自分が何を食べているかがわかれば十分です。

メモ帳でも手帳でも、アプリやエクセルを使用しても構いません。

慣れてきたら今度は、それぞれのカロリーを調べながら記入していきます。

続けることで、だんだん調べなくてもだいたいのカロリーがわかるようになり、どんどん記入も楽になります。

1日の理想のカロリーは1200kcalといわれていますので、カロリーが把握できるようになれば、1200kcal以内の食事に挑戦してみましょう。

一番大切なのは、何より継続して記入し続けることです。記入するだけでも食事量をセーブすることにつながるので、コツコツ続けてダイエットを成功させましょう!