内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

ダイエットの目的が脂肪燃焼という人は多いですよね。でも、脂肪といっても実は2種類あることをご存知でしょうか。

似ているようで実は異なる2つの脂肪、内臓脂肪と皮下脂肪について、正しく理解しておきましょう。


2種類の脂肪

人の身体には2種類の脂肪があります。内臓脂肪と皮下脂肪です。

内臓脂肪とは体の中の内蔵周りにつく脂肪の事です。もちろん外から見えないので、いかにも太っているというような印象ではないです。

内臓脂肪が男性に多いという特徴とは逆に、皮下脂肪は女性につきやすい脂肪です。

名前のごとく皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪のことです。お腹周りをつまんでみると皮下脂肪があるのが、よく分かると思います。皮下脂肪が多いと見た目にも太っているように見えます。


内臓脂肪が身体に与える影響

同じ脂肪であるにもかかわらず、内臓脂肪の方は身体に悪影響を与える怖い脂肪なのです。

見た目にはあまりよくわからない内臓脂肪ですが、メタボリックシンドロームと言われるように生活習慣病として、様々な病気を併発します。

糖尿病、高血圧、動脈硬化などリスクの高い病気ばかりです。ひどくなると命の危険に及ぶこともあるので注意が必要です。内臓脂肪は、簡単につきやすい脂肪ですが、一方で生活の改善によって落としやすいという性質があります。


皮下脂肪は落としにくい

逆に皮下脂肪は主に下半身につきやすく、一般的に燃焼しにくいと言われています。

ダイエットをするけどなかなか痩せないと言われるのは、皮下脂肪には溜まりやすく落ちにくいという性質があるからなんですね。

病気に直結するわけではないですが、脂肪の重みで身体に少なからず悪影響を与えてしまいます。内蔵脂肪と同じように、身体から減らしていくように気をつけたいものです。


ダイエットと生活改善で脂肪燃焼

似ているようで似ていない2つの脂肪、性質に違いこそはありますが、どちらも生活を見直すことで改善することは可能です。

自分の気になる脂肪はどちらなのか把握して、効率的なダイエット方法を行うようにしましょう。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
「ダイエットの秘密」にいいね!しよう

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエットのコツカテゴリの最新記事