酵素のダイエット効果「酵素ダイエットでは痩せない」というのは本当?

酵素サプリのダイエット効果 酵素ダイエット

最近インターネットや美容雑誌などで注目され人気が出ている「酵素ダイエット」。「酵素ドリンク」や「酵素サプリメント」など、いろんな酵素商品が販売されているようです。

それらを飲むだけで痩せられるという意見や、飲んでも効果がないという意見など、さまざまな声があって一体どれを信じたらいいのか分からなくなりそうですね。そこで今回は、「酵素とダイエット」との関係について考えます。



スポンサーリンク

酵素と基礎代謝の関係

酵素のダイエット効果

基礎代謝って?

ヒトが生きていくうえで必要なエネルギーのことです。特別に運動や活動をすることなく、ただ寝ている間でもカラダは内臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を維持したり・・・と、生命を維持するためにエネルギーを消費しています。

ヒトが1日に消費するエネルギー消費量のうち、なんと60~70%が「基礎代謝」だといわれています。つまり、基礎代謝がアップすると、運動していなくても消費エネルギーが増えて太りにくくなるというわけです。

基礎代謝が低下する原因

  1. 加齢
  2. 極端なダイエットや食事制限
  3. 運動不足と筋力の低下
  4. 体内の酵素不足


酵素が減ると基礎代謝が低下する理由

ヒトの体内では「潜在酵素」と呼ばれる2種類の酵素が作り出され、私たちの生命が維持されています。

これら体内で作り出される酵素には限界があって、まず食べた物を消化・吸収させるための「消化酵素」が優先して生成され、続いて「代謝酵素」が作られます。この時、消化酵素が大量に消費されると代謝酵素が作られる量が減ってしまいます。

こうして代謝酵素が減少すればカラダのエネルギー生産量も減少し、基礎代謝の低下につながるのです。



酵素とダイエット

「体内酵素」には限りがあり、食べ過ぎなどの食生活の乱れやストレス、生活習慣の乱れなどによって酵素がたくさん消費され、全体量が不足しやすくなります。こうして体内の酵素が少なくなると代謝酵素が減少し、基礎代謝が下がって痩せにくいカラダになってしまいます。

そこで、不足しがちな酵素を外から補ううえで欠かせないのが「食物酵素」です。

生の野菜やフルーツ、発酵食品などに含まれている酵素を効果的に摂取することによって体内の消化酵素を節約し、代謝酵素のはたらきを高めて「痩せやすいカラダ」になることができます。


デトックス効果

「酵素の種類」の記事でも書いたとおり、体内酵素のうち「消化酵素」のはたらきは、私たちが食べたものを消化し、食物の栄養素をカラダが吸収しやすいように分解して助けるというものでした。

酵素が不足して食べた物がうまく消化できず消化不良を起こすと、腸内に老廃物や毒素が溜まり排出されなくなります。そうならないためにも積極的に酵素が含まれた食品を摂ることによって、体内浄化を促進しカラダの中からスッキリすることができるというわけです。



酵素を摂ろう!

最近流行りの「酵素ドリンク」や「酵素サプリメント」もいいのですが、普段の食事を少し変えるだけで今まで以上に酵素をたっぷりと摂ることができます。食品から酵素を摂るためには生の野菜やフルーツ、お刺身、納豆や味噌、漬け物などの発酵食品を増やすことが重要です。

手軽にフレッシュジュースで

野菜サラダもいいのですが、簡単で続けやすく美味しいのがフレッシュジュースです。バナナやニンジン、キウイやリンゴ、小松菜などの酵素たっぷりの野菜やフルーツをミキサーにかけてジュースにするのがおすすめです。

すりおろして食べる

野菜やフルーツの酵素はすりおろすと一層効果がアップするといわれています。焼き魚に合わせる大根おろしは定番ですが、山芋や長いものすりおろしや、すりおろした野菜入りのドレッシングも上手に活用できます。



いかがでしたか? 「酵素で痩せる」というのは、ただ酵素を摂り入れるだけで痩せるというよりも、体内の消化酵素を節約し、基礎代謝に使える酵素を増やして痩せやすいカラダにする、ということなんです。

このようにして基礎代謝がアップすれば寝ている間にもエネルギーを消費してくれる、というわけです。日頃の食生活に上手に取り入れて、痩せやすいカラダを手に入れましょう!