酵素を多く含む食品とは

チアシードのお手軽で美味しい食べ方ヨーグルト 酵素ダイエット

ダイエットや健康促進、美容効果まで、あらゆる効果が期待できる「酵素」ですが、体内で作られる酵素の量には限界があるといわれています。

そこで酵素不足を補うために積極的に摂りたいのが食品に含まれる酵素です。今回は「酵素を多く含む食品」について考えます。

スポンサーリンク

食物に含まれる酵素の特徴

サラダ野菜

食物酵素は新鮮な生の食べ物、野菜や果物、刺身などに含まれています。ただ、熱に弱いという特徴があって、48℃以上の熱が加わると酵素のはたらきが失われてしまいます。

ですから、酵素を効率よく摂取するためにはできるだけ生に近い状態で食べることが必要です。

それ以外に酵素が多く含まれる食品は「発酵食品」です。これらは加工されている分食べやすく、冷えやすい人にもおすすめです。

酵素を多く含む野菜

カリフラワーレシピ

酵素を多く含む野菜で代表的なのが、レタス・キャベツ・大根・ブロッコリー・ニンジン・セロリなどです。

それ以外にもキュウリ・タマネギ・トマト・ピーマン・カブ・小松菜・ほうれん草などにも多く含まれています。さらに、近年注目を集めているブロッコリースプラウトやアルファルファ、カイワレ大根もおすすめです。

これらの野菜は加熱されると酵素が失われるので、サラダやジュース、すりおろしなどできるだけ生で食べることで効果的に摂取できます。

また、酵素は時間がたつほどに減少していくので、購入する際には新鮮でみずみずしい野菜を選ぶようにしましょう。


酵素を多く含む果物

中性脂肪,生活習慣

酵素を特に多く含むといわれる果物は、パイナップル・キウイ・パパイヤ・バナナ・マンゴーといった南国系のフルーツです。

これらの酵素はタンパク質なども分解するといわれています。それ以外にも、アボカド・イチゴ・リンゴ・オレンジ・グレープフルーツ・スイカ・プラム・いちじくなどの果物にも多く含まれます。

フルーツは野菜と異なり、そのまま食べておいしいものが多いのでデザートとして、または野菜などと一緒にミキサーでフレッシュジュースにして飲むのもおすすめです。ただし、ジャムや焼き菓子などにしてしまうと酵素が失われるので注意しましょう。

発酵食品

ヨーグルトとフルーツ、健康的なおやつ

そのまま食べやすく美味しい発酵食品には、納豆・漬け物・キムチ、洋風の漬け物ともいえるピクルスやザワークラウト、他にはヨーグルト・チーズなどがあります。

これらは単品で食べても美味しいものなので手軽に取り入れやすいかもしれません。それ以外の発酵食品としては、味噌や醤油、黒酢や塩麹などの調味料があります。

これらの調味料は和食などでお馴染みのものですが、摂り過ぎは塩分の摂り過ぎになるので工夫しながら取り入れるようにしましょう。

毎日の食卓に酵素食を!

ケール

いかがでしたか? 今回は酵素を多く含む野菜・果物・発酵食品をご紹介しました。

酵素を効果的に摂るためにはできるだけ生に近い状態で食べることが大切です。ニンジンや小松菜など、そのまま食べるのが難しい場合にはフルーツと一緒にミキサーでジュースにすると食べやすくなりますし、大根やタマネギ、長芋などはすりおろすと美味しくいただけます。

工夫しながら毎日酵素を取り入れてみてくださいね!