酵素ドリンクの作り方ー自宅でできる手作り無添加酵素ドリンクのレシピ

ドリンク、デトックス、酵素 酵素ダイエット

海外セレブを中心に今話題になっている健康飲料である酵素ドリンク。健康や美容に高い効果があると多くの方に愛用されています。

そんな酵素ドリンクですが、種類が多いからこそ、選ぶ際には安全性や効果が自分に合っているのか不安に思うこともありますよね。

そこでおすすめなのが、手作りの無添加酵素ドリンクです!

簡単に作ることもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

酵素ドリンクの効果とは?

ドリンク、デトックス、酵素

酵素ドリンクとは野菜や果物を発酵させて、普段不足しがちな酵素を簡単に補うことができる発酵飲料です。

酵素は人が生きていく上で必要不可欠な栄養素ですが、年齢と共に減少してしまい代謝が悪くなってしまったり便秘の原因にもなってしまいます。

そのため、酵素ドリンクで酵素を効率よく補うことで、代謝を上げて痩せやすく太りにくい体を作り、肌のターンオーバーを正常化し、さらにデトックス効果で便秘を解消し体内の老廃物や毒素をすっきりきれいすることができます。

ただ飲むだけで健康効果やダイエット、美肌効果など様々なうれしい効果を実感することができるため、妊娠中の方からお年寄りまで家族みんなで楽しむことができる健康飲料です。

自宅で簡単にできる手作り無添加酵素ドリンクの作り方

野菜、酵素、ビタミン、ミネラル

用意するもの

酵素ドリンクを作るときに使う瓶は、最初に熱湯消毒をして、水分が残らないように完全に乾かしておきましょう。

次に材料ですが、野菜や果物は特に決まりがありませんので、好きなものを選んで構いません。ただ、より安全性を高めるためには、無農薬のものがおすすめです。

野菜1キロに対して上白糖1,1キロが主流となっていますが、海外では350gと大きく差があるため特に細かく計らなくてもかまわないようです。でも、砂糖が少なすぎるとカビが生えてしまったり発酵が甘くなる可能性もあるので、初めての場合はまず1キロは用意しておきましょう。

手作り無添加酵素ドリンクの作り方

野菜や果物をカットしていく際は、皮や種を取り除いていきます。柑橘系の果物を使う場合は、白い部分を取り除くことで苦みを抑えることもできます。

瓶の中に、食材と砂糖を交互に4~5層ほどを目安に重ねていき、最後にガーゼで蓋をしましょう。

そしてそのまま蓋をして発酵を待ちます。

酵素ドリンクができるまでの期間と目安

20度を目安に、暑すぎず寒すぎない場所で保存してください。1日1~2回かき混ぜれば、夏は1週間、冬は2週間ほどで完成します。

出来上がりの目安は、果物や野菜からぷくぷくと泡が出てきて、水分が抜けたような感じになればOKです。

飲みにくい方は、ガーゼなどを使って一度濾して雑味をとってから召し上がってください。シュワシュワとやさしい甘さで癖になるおいしさです!

ぜひ、試してみてくださいね。

コメント