酵素食のすすめ-今すぐはじめられる健康な食事法とは?

酵素ダイエット

最近注目されている「酵素食(ローフード)」、アメリカを中心にセレブやモデルたちが「ローフード」を取り入れたことから、日本でも注目されるようになっています。「酵素」がカラダにいいことはなんとなくわかるけれど、どのように実践すればいいのか分からない・・・という人のために、今回は「酵素食」の方法をご紹介します。



スポンサーリンク

酵素食(ローフード)って?

酵素食のすすめ-今すぐはじめられる健康な食事法とは?

酵素食(ローフード)とは、ロー(raw=生)+フード(food=食べ物)という意味で、酵素が多く含まれる生野菜やフルーツなどを加熱せず、できるだけ生に近い状態で食べる食事法です。食物の酵素は48℃以上の熱を加えると破壊されてしまうので、「焼く」「炒める」「揚げる」といった高温での加熱をしないことが推奨されています。これを聞くと難しいように感じるかもしれませんが、漬け物や梅干し、納豆や豆腐、味噌や醤油といった発酵食品も生きた酵素たっぷりのローフードです。日本には古くから伝統的に酵素食が根付いていたということですね!

ローフードにおすすめの食材

フルーツや生野菜、スプラウトや海苔・海藻、ナッツやドライフルーツ、発酵食品など生で食べることができる食材がおすすめです。

酵素食(ローフード)のメリット

「酵素」は、私たちのカラダにもともと存在するものですが、体内で作れる酵素量には限界があります。酵素はビタミンとともにはたらいて血流を良くし、カラダのサビと戦ってくれます。ところが、加齢やストレスなどの要因で体内の酵素が減ると、カラダの不調や老化の原因になるといわれています。そこで、生や生に近い酵素たっぷりの食品を食べることで体内の酵素をできるだけ使うことなく外から補うことができるメリットがあるのです。

デトックス効果

生の野菜やフルーツには酵素がたっぷり含まれているだけでなくビタミンが豊富に含まれています。この二つの成分が合わさると体内の酵素は消化に使う必要がなくなり、代謝に使うことができるようになります。そのことで 消化器官への負担が軽くなり、内臓の機能が高まってカラダに溜まった老廃物が排出しやすくなります。こうして体内のいらないものが排出されデトックス効果が発揮されると美肌効果だけでなくダイエット効果も期待できます。

美容・美白効果

ローフードは基本的に野菜中心の食事です。しかも加熱していない生の野菜や果物をたっぷり食べることでビタミン類を豊富に摂ることができ美肌にピッタリです。また消化や代謝を助ける酵素をたっぷりと摂取すると、腸内環境が整えられます。「腸内環境の悪化」は肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因になりますから、腸がキレイになることで美容効果も期待できるのです。



酵素食(ローフード)の取り入れ方

フレッシュジュース

はじめてローフードに取り組もうという人の場合、手軽な方法としては野菜・フルーツたっぷりのフレッシュジュースがおすすめです。例えば、小松菜などの葉野菜とニンジン、リンゴやバナナなどの果物を組み合わせたジュースならバランスが取れていて手軽です。野菜とフルーツの組み合わせに決まりはないので色々なバリエーションが楽しめますね!

サラダ

ローフードの定番サラダもおすすめです。ひとことにサラダといっても少し工夫することで飽きることなく食べることができます。ドレッシングを変えるだけでなくナッツをトッピングしたりレーズンやプルーンなどのドライフルーツを入れたり、アイデア次第でメニューの幅も広がります。

和食

和食の中にはローフードがたくさん含まれています。漬物や納豆、お豆腐は和食に欠かせないものですし、大根おろしやとろろ芋、ネギやワサビなどの薬味もローフードです。酢の物や和え物も野菜や海藻を生のまま食べるものが多いですし、和食ならではのお刺身やお寿司も生の魚を食べるメニューです。

注意をひとこと!

ローフードにつきものの生野菜やフルーツはカラダを冷やすものです。一度にたくさん食べると体温が下がり代謝が落ちることになりかねません。冷え性の人は食べ過ぎや、極端な方法に注意が必要です。



いかがでしたか? 酵素食(ローフード)には、健康面でも美容面でもうれしい効果がありそうです。ただ、いきなり3食全部を酵素食に変えるのは少し難しいかもしれません。ローフード初心者なら、まず朝食に野菜ジュースを取り入れる、週末はローフード食にする、といった方法から始めるといいでしょう。また、和食の酵素パワーもあなどれません。意識して食べることをおすすめします。このように、生活に上手に酵素食を取り入れて健やかな生活を送りたいですね!