酵素サプリの危険性と副作用

中性脂肪,増える, 酵素ダイエット

酵素サプリは服用するだけで代謝アップや脂肪燃焼、デトックス、便秘解消などあらゆる機能に働きかけてくれるといいます。

酵素サプリを飲みながらダイエットをすれば、ストレスを感じずらく結果も出やすいととても評判です。

更には、健康面でも効果的で免疫力アップなど体質改善もでき、二日酔いにもよいのだとか。

そしてそれらの効果をサプリを飲み続けるだけ、という手軽に実感できるところも最大の魅力ではないかと思います。

これだけ見てみるとすぐに試してみたくなってしまいますが、ではこの酵素サプリを服用することで危険性や副作用はないのでしょうか?

スポンサーリンク

酵素サプリの危険性

ダイエットサプリ,妊娠,授乳,妊婦,リスク,危険,選び方

酵素サプリはあくまでサプリメントで危険性は限りなく低いとされていますが、その中でも挙げられているのがアレルギー反応です。

酵素サプリの中には、そのブランドによってあらゆる野菜や果物が配合されているので、それによってアレルギーを起こす方もいらっしゃいます。

酵素ドリンクは商品によって何十種類もの野菜や果物、海藻が含まれていますので購入前には自分のアレルギーに該当する成分が含まれていないか必ずチェックする必要があります。

アレルギーによる副作用は湿疹、蕁麻疹、呼吸困難など様々です。

そのためあらかじめ病院にかかっている人は、お医者様に相談の上購入してから服用してくださいね。

自分では気づいていないアレルギーもあるので、何か怪しい症状があればすぐに使用を中止して医師に相談しましょう。

好転反応による副作用

ダイエット,挫折,モチベーション

そしてもう一つは、好転反応と呼ばれるもので、酵素のメリットの一つ体内から毒素が排出されて行くことによって体内の環境が変わり、起こる反応です。

これは一概に悪い反応とも言えないのですが、どんな副作用なのか一度まとめてみました。

好転反応の副作用は4段階に分けられます。

まず初めに、弛緩反応と呼ばれ体をだるさが襲います。

そして今度は、過敏反応といって便秘や下痢、発汗などといった症状がみられ、その後排泄反応として吹き出物は発疹、最後に回復反応で発熱、痛み、吐き気が出て終了です。

これらはだいたい2,3日から1カ月ほどで完治すると言われています。

ここまで、ひどい症状になるのは珍しいと思います。しかし、何かしら前触れのようなものが出てしまったら、服用をいったん止めて、医師に相談する方が安心ですね。

ファスティングダイエットでの血糖値低下

水,ダイエット,効果,やり方

ファスティングダイエットでは固形物は一切口にせず、水と酵素ドリンクで数日間を過ごします。

さらに酵素ドリンクの使用量を正しく摂取していなければ体が必要とする糖分を摂取することができず低血糖状態に陥ってしまいます。

低血糖になると初めはあくびや空腹感といった状態から始まり、つい我慢してしまいますが徐々に吐き気、倦怠感、呼吸困難という辛いものへと変化していきます。

辛い場合は無理をせず、せめて野菜ジュースやはちみつなどで糖分を補いましょう。

もちろん過剰に糖の多いジュースをごくごく飲んでは急に血糖値が上がり過ぎてしまうので注意しましょう。

水分不足に陥る危険性

クレンズダイエット,ドリンク

極端に痩せたいと思うあまり、ファスティング中の水分までも抑える方がいらっしゃいます。

酵素ドリンクだけでは水分は補いきることができないので、ファスティング中はいつもより多めの水分摂取を心がけましょう。

水分を多くとることによってデトックスもはかどり、ファスティングもより効果が出やすくなりますよ。

副作用が出たらどうすればいいのか

中性脂肪,増える,

好転反応の副作用の場合、とにかく温めると緩和されると言われています。

しかし、どうしてもつらい場合やほかのアレルギーなどと判断がつかない場合、症状が長引く場合などは無理せず一時中断してください。

酵素サプリには危険性はないとは言いますが、何かのきっかけで思いもよらない副作用が出る場合もあります。ご自分の体の状況に合わせて、使用を見合わせてくださいね。