今さら聞けない酵素って何?

副作用、危険性、リスク 酵素ダイエット

最近よく耳にする「酵素」。美容雑誌やインターネットでも「酵素ドリンク」や「酵素食」などが紹介されて、ダイエットや健康効果を期待する人も多いようです。なんとなくカラダによさそうな「酵素」ですが一体どのようなものなのでしょうか? また、どんなはたらきがあるのでしょう? 今回はそんな酵素について考えます。



スポンサーリンク

酵素とは?

今さら聞けない酵素って何?

「酵素」は、細胞内で作られるタンパク質の一種で、体内のあらゆる化学反応や代謝にかかわる重要な成分です。酵素は食事などから取り入れた栄養素を消化し、エネルギーに変えて作用します。そのようにして血液の循環や消化・吸収、皮膚のターンオーバーなどあらゆる生命活動をつかさどっているのです。いくらカラダに必要な栄養素、炭水化物やビタミン、タンパク質やミネラルを摂取しても酵素がなければカラダの中ではたらくことができません。つまり人間が生きていくうえでなくてはならない重要な成分だということですね! 酵素には種類があって体内で生成される「消化酵素」「代謝酵素」だけでなく、フルーツや野菜など食品に含まれている「食物酵素」があります。


酵素の特徴

酵素の構造はミネラルの周りにタンパク質が巻き付いたもので、ミネラルの種類やタンパク質の巻き付きかたによって様々な種類の酵素があり、体内には3000~4000種類以上も存在しているといわれています。ひとつの酵素の大きさは約5~20ナノメートルほどの極小サイズです。こんなに小さいのに私たちの生命に欠かせない大きなはたらきをしているのですね!

たくさんの種類がある酵素ですが、それぞれの酵素は一つの仕事しかできません。例えば消化酵素として有名な「アミラーゼ」はデンプンを分解するはたらきがある酵素です。アミラーゼはデンプンを分解することができますがタンパク質は分解できません。タンパク質を分解するには「プロテアーゼ」という酵素が必要です。このようにそれぞれの酵素がそれぞれの役割を果たしてくれているのです。

熱に弱い

タンパク質の一種である酵素は‘熱に弱い’という特徴があります。酵素は加熱されるとタンパクが変化し、酵素としてのはたらきが失われてしまうのです。酵素が耐えられる温度は48℃といわれていて、48℃あたりから70℃ほどになるとはたらきが停止してしまいます。ですから、フルーツや野菜に含まれる食物酵素を摂る場合には加熱しない状態で食べることが大切だというわけです。

酵素が不足する原因

体内にもともと存在する「消化酵素」や「代謝酵素」は年齢とともに減少していきます。それだけでなく私たちが毎日食べる食品のなかには大量の酵素を消費するものがあり、それらを摂り過ぎることで‘酵素不足’の原因になります。

多くの酵素を必要とする食品

  1. 保存料・甘味料・化学調味料などの食品添加物が多く含まれた食品
  2. 肉中心の動物性タンパク質が多い食事
  3. インスタント食品やコンビニ食など油ものや加工食品が多いもの

これら食品だけでなく、精神的ストレスや喫煙、過度の飲酒など様々な要因で気づかないうちに酵素をたくさん消費してしまうことがあります。



酵素が不足するとどうなる?

私たちの生命活動に欠かせない酵素ですが、加齢や食生活の乱れなどによって酵素が不足してくると、体内の消化活動や血液の循環、新陳代謝が低下して様々な不調の原因になります。

  • 胃腸の不快感や胃痛、下痢などの消化器系
  • 胃炎や胃潰瘍、胃がん
  • 免疫系の疾患
  • カロリー制限しても痩せない



酵素が減少していくと、取り入れた栄養をエネルギーに変えることができなくなってしまいます。そうするとカラダを巡る血液が汚れていき、ドロドロ状態になった血液は万病の元となります。そうならないためにも日頃から酵素を無駄遣いしないこと、不足しがちな酵素をしっかりと外から補うことが大切になってきます。



いかがでしたか? 今回は酵素とはどんなもので、どのような働きがあるのかを考えてみました。私たちのカラダに欠かせない酵素ですが、生活習慣で酵素が減ってしまうことがあるようです。酵素不足はあらゆるカラダの不調の原因になります。酵素を積極的に取り入れて不足しないように補いたいですね!