産後のウエストを引き締める方法は?

産後のウエストを引き締める方法は?

産後は、体重が元に戻ってもなかなかポッコリお腹が解消できない、と悩む女性は多くいらっしゃいます。

産後の体を、妊娠前のようにすっきりさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、産後のウエストを引き締めるために効果的な方法について調べてみました。

骨盤矯正ベルトを使用する

女性、ダイエット、ウエスト引き締め

ポッコリおなかの原因のひとつに、骨盤の歪みがあげられます。

骨盤が歪むと本来あるべき場所から内蔵が重力でさがってしまいぽっこりおなかが目立ってしまいます。

そのため、産後はできるだけ早く骨盤ベルトや骨盤矯正下着などを使用して、骨盤を整えていきましょう。

骨盤の位置が整えば、見た目もすっきりしますが代謝も上がってダイエット効果も高まりますよ。

腰回し運動

ビキニ、ウエスト、脚痩せ

産後1か月を過ぎたら、少しずつエクササイズを取り入れていきましょう。

腰に手を添え、足を肩幅ほどに開いて腰を右に10回、左に10回とゆっくり大きく回します。

この動きを取り入れると、骨盤の歪みも徐々に改善されていきます。場所も時間も取らないので、空いた時間に少しずつ行ってみましょう。

お尻歩き運動

ヨガ、ストレッチ、骨盤ダイエット

同じく骨盤矯正に効果的なエクササイズです。

膝を抱えて体操座りのような体制になり、お尻を動かしながら前後に10歩ずつ動きます。

骨盤も整えられ、下半身の筋力アップも期待できます。

下半身ひねりエクササイズ

脚痩せ、むくみ、エクササイズ

仰向けに横になり、手を体の横に伸ばします。上半身は床につけたまま、膝を90度曲げて足を持ち上げます。

そこから上半身を動かさないように左右に足をそろえたまま傾けていきます。

ゆっくり行うことで腹筋に負荷がかかり、おなかを引き締めていくことができます。

育児をしながら腹筋を意識

育児、産後ダイエット

なかなかエクササイズを行う時間がないという方でも、腹筋を意識するだけでポッコリおなかを解消していくことができます。

おなかをへこませるようにして、腹筋に力を入れて30秒キープします。

授乳中や寝かしつけ、テレビを見ながらなど何かをしながら気軽に行ってみましょう。

  

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

運動系ダイエットカテゴリの最新記事