有酸素運動と無酸素運動の違いって何?

ダイエットに欠かせない運動ですが、有酸素運動と無酸素運動という2つに大別されます。運動系ダイエットに興味がある人は、一度くらい耳にしたことがある言葉だと思いますが、その違いを聞かれたら、うまく答えられない人もいるのではないでしょうか。

有酸素運動と無酸素運動の違い、そしてダイエットに必要なのはどちらなのか、まとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

有酸素運動について

有酸素運動とは、エアロビクスやウォーキングやサイクリングや水泳のことを言います。糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出す際に酸素を必要とする運動を指しています。

20分以上の長時間にわたりこれらの運動を行うことで、体内の脂肪を燃焼を促すことができます。このため、脂肪を燃焼したい人のダイエットには向いている運動となります。

また、有酸素運動は健康維持にも役に立ちます。血液に含まれている悪玉コレステロールと、中性脂肪も減らしてくれる効果もあるからです。有酸素運動は酸素により脂肪を燃焼ができるので、全身の血流が良くなって、足腰を強くしてくれるという効果もあります。


無酸素運動について

無酸素運動は有酸素運動と違い、短距離ダッシュなどの、強度が強い運動を単発的に行う運動のことをいいます。

例を挙げれば、筋トレや短距離走などがあり、糖質だけからエネルギーを生みだすため、エネルギー代謝に酸素を必要としません。

短時間に強い力が必要なため、長時間継続するのは難しい運動です。しかし、これを繰り返して行うことで、身体を引き締め効果が得られると同時に筋肉量が増え、基礎代謝を向上させることができます。


ダイエットに必要なのはどっち?

2つの運動の違いをまとめると、このようになります。

  • 有酸素運動:脂肪燃焼、エアロビクスやウォーキングなど20分以上継続することが効果的。
  • 無酸素運動:引き締め、基礎代謝の向上。筋トレ、短距離ダッシュなど。

ダイエットに必要なのはどちらかという問題ですが、実は両方とも必要な運動と言えます。特に体脂肪を燃焼させたい人は、有酸素運動中心に、部分痩せや体の引き締め効果を得たい人は無酸素運動を中心として行うとよいでしょう。

ただ、結論としては、バランスよく痩せるためには両方の運動を組み合わせて行うのが理想です。自分のライフスタイルにうまく組み込むような形で、運動する習慣をつけるようにしたいですね。

ダイエットメルマガを無料配信中!

ダイエットメルマガを無料配信中!

ダイエットのコツや方法について、お役立ち情報を「海外在住美容ブロガーHanaのダイエットメルマガ」にて配信しています。

登録無料、いつでも解除可能なので、お気軽にご購読ください!

無料メルマガ登録はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク