ペットボトルを使った小顔体操の方法

水、ペットボトル 運動系ダイエット

小顔は通常のダイエットでは効果がなく、小顔専用のケアをしなくてはいけません。しかし、実際にどんなことをすればわからないという方も、多いのではないでしょうか?
 
そんな小顔体操が、実はペットボトルでできるというのです!
 
今回は、ペットボトルでできる小顔体操の方法について、調べてみました。是非、自宅の余ったペットボトルを使って試してみてくださいね。

スポンサーリンク

ペットボトルエクササイズ1

水、ペットボトル

まず500mlのペットボトルを用意し、そこに5分の1程お水を入れます。そして歯を使わずに口でペットボトルを加え唇を尖らせます。
 
ペットボトルを持ち上げて10秒キープ。これを3回1セット、1日2セットするだけです。
 
ペットボトルの負荷に慣れてきたら、徐々にお水の量を増やしていくとさらに効果が高まるので様子を見て水を増やしていきましょう。
 
表情筋が鍛えられ、顔のたるみを改善することができます。さらに、顔の血行も促進され、肌の状態も改善が期待できますよ!

ペットボトルエクササイズ2

同じく500mlのペットボトルを用意します。
 
空の状態にして口にくわえたら、中の空気を吸うように頬をしっかりへこませ、5秒キープします。このときに、肛門もきゅっと力を入れて閉めてあげるとさらに効果的です。
 
次に息を吹き、頬を膨らませてまた5秒キープ。お尻の力はここで抜いてあげましょう。
 
この動きを30回繰り返すだけです。
 
普段使っていない頬の筋肉を鍛えることができるので、顔をきゅっと引き締めることができます。

ペットボトルでマッサージもオススメ!

実はペットボトルは、ダイエットに使えるだけでなくマッサージにも使えます。
 
普段顔のマッサージを手で行っている方は、是非ペットボトルでも試してみてください。
 
頬骨から初めて輪郭や顔の表面など全体をマッサージすると、意外と気持ちがいいことがわかります。
 
1日1時間以内2回までを目安に行うと、血行が良くなってエクササイズも効果的になりますよ!