ぽっこりお腹をへこませるエクササイズ3つ

ダイエットをして体重は減ったのに、お腹だけがポッコリという悩みを解決するには、筋肉量を増やして脂肪の燃焼を高めるエクササイズが有効です。

1日1分程度のエクササイズを続けるだけで、ぽっこりお腹をへこませることができます。ぽっこりお腹をへこませるエクササイズを紹介します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウエストひねりストレッチ

血流を良くして脂肪燃焼効果を高め、ウエストを引き締めることができるストレッチです。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、背筋は真っ直ぐしっかりと伸ばす。
  2. 手を胸の前でクロスさせる。
  3. 顔は正面を向いている状態で、右肩に左手、左肩に右手がくるように置き、そのまま肩と同じ高さになるまで水平に腕をあげる。
  4. 体の軸をずらさないように意識しながら、上半身を左右にゆっくりとひねり、5秒間キープする。
  5. 左右10回を1セットとし、1日2~3セットを目安に行うと効果的です。


足上げ腹筋

ぽっこりお腹の腹直筋を引き締める効果的なエクササイズです。

ぽっこりお腹だけでなく、姿勢がよくなり、便秘解消にも効果が期待できます。

  1. 仰向けで手は体の横に伸ばし、両足を伸ばす。
  2. 息を吐き出しながら、下腹部をへこませる。
  3. 足を揃えて伸ばしたまま、ゆっくり床から数センチ上げる。
  4. そのまま足を45度位に上げる。
  5. 腰が浮かないように意識して、20秒ほどキープする。
  6. お腹に力を入れたまま、ゆっくり足を下ろす。
  7. 10回を1セットに、起床時と就寝前など1日2~3セット行います。


ドローイン

息を吸ってお腹を大きく引っ込めるエクササイズで、腹横筋を鍛えることができます。

  1. 体育座りで、足はやや前に出し、手は体の後ろにつく。
  2. 肩甲骨とヒップを意識して引き締め、背筋をまっすぐ伸ばす。
  3. そのままゆっくり大きく息を吸い込み、お腹と背中をくっつける意識でお腹をへこませる。
  4. へこませたまま30秒キープする。
  5. 1日5回以上、行います




一度は痩せても油断をすると、すぐに戻ってしまうのが「ぽっこりお腹」の特徴です。

ぽっこりお腹をへこませるためには、無理なく長続きできるエクササイズをすることが大切です。