ダイエットのためのウォーキング、効果的なのは朝?それとも夜?

ダイエットのためのウォーキング、脂肪が燃焼し始めるまでの時間 運動系ダイエット

ウォーキングなどの有酸素運動がダイエットに効果的なことは知っている人も多いでしょう。

じゃ、いざ明日からウォーキング!というときに、やはり少しでも効率よく痩せたいものですよね。朝と夜のウォーキングはどちらが効果的なのでしょうか? 

両方のメリットを紹介しつつ、本来ダイエットにより効果的なのはどちらか、という観点から検証してみます。

スポンサーリンク

朝のウォーキングメリット

ダイエットのためのウォーキング、効果的なのは朝?それとも夜?

1.脂肪の燃焼効率がいい

早朝は空腹時血糖値は低く、ウォーキングのためのエネルギーが脂肪から取り出されやすいため、脂肪の燃焼効率がよいというメリットがあります。

2.日中の活動の生産性がアップ

朝、日光を浴びることでからだが目覚めてそのまま活動に移行し気持ちを前向きにしてくれたり活動のモチベーションをアップ「セロトニン」という物質は有酸素運動を行ったり、日光を浴びることで活性化されるというメリットも。

3.生活が規則正しくなる

生活習慣を改善するにはどんなに強くても「気持ちだけでは」どうしょうもなく、やはりちょっとしたきっかけが必要です。早寝早起きをするには十分なきっかけになるのでこんなところから生活習慣を改善することができるのです。

4.習慣化しやすい

夜の活動は意外と確保できる時間帯が不規則ですが、朝は生活習慣がきっちりすれば決まった時間帯を確保できます。

夜のウオーキングのメリット

睡眠不足,贅肉,増える

1.睡眠の質の向上

睡眠の1~2時間前にウオーキングするとすぐに睡眠につくことができます。

ウォーキングは、自立神経を調整するので適度の運動で体温が程よく上がり活動時と休憩時の体温の差が眠気の質に関わってきます。

2.1日の気持ちをリセット

ウォーキングなどリズム運動は、気持ちを前向きにしてくれたり、ストレス解消したり精神的に良い効果を与えてくれます。

3.生活習慣を変える必要がない

朝に時間が取れない人や、早起きが苦手な人は、夜にウォーキングすれば生活習慣を大きく変更しなくても運動を続けることができます。

結局どっちがオススメ?

ダイエットのためのウォーキング、効果的なのは朝?それとも夜?

朝、夜とメリットはありますが、ダイエットするに1番効果が高いのは「朝」!!

起床し、朝ごはんを食べる前が一番良いです。それは、空腹時に脂肪が燃えやすいからです。

人は食事をすると「インスリン」という成分が分泌されます。糖が脂肪に合成されるのを促進する役割をする成分で、脂肪を燃えやすくする成分です。このインスリンは、食事を取ってから時間が経つことで下がっていきます。

ですから、睡眠をとり、食事からかなり時間がたった朝の空腹時に運動を行うことがダイエットに効果的ということになるのです。空腹時に、有酸素運動をすると、食後よりも脂肪の燃焼が早くなり、起床後の空腹時は有酸素運動の脂肪燃焼効果が高いといえるんです。

ただし、朝、まだ体が目覚め切っていないときに無理な運動をすると怪我や故障の原因になりやすくなります。ですが、ウォーキングくらいのゆるやかな運動なら、事故も起こりにくくなるでしょう。

しかし、早起きするのが苦手という人もいますよね。そんな人は、自分のライフスタイルにあわせて継続しやすいタイミングでウォーキングを行うことも大切かもしれませんね。

脂肪が燃焼し始めるには20分

ダイエットのためのウォーキング、脂肪が燃焼し始めるまでの時間

そして脂肪の燃焼には運動を開始して約20分後と少し時間がかかります。脂肪の前にブドウ糖がまず供給させて使い切れば脂肪が燃焼されます。

筋肉が鍛えられ代謝が向上するまでは、個人差がありますが、最低2ヶ月は必要です。新陳代謝が高まってくれば消費カロリーも多くなり体脂肪も落ちやすくなります。

「ダイエット」というとやはり継続ですよね。「さあ、朝ウォーキング!」と意気込んだものの、2ヶ月以上継続しなければ効果が出ないのです。

何よりも、継続できることを優先的に考えて、健康になるためにも、生活習慣をかえて取り組む姿勢が必要ですね。