ウォーキングダイエットで効果が出ないのはなぜ?原因と対策

ウォーキングをする女性 運動系ダイエット

通勤や通学途中の時間を利用したり、運動が苦手な方でも気軽に始めることができるウォーキングダイエットは健康のためにも多くの方が実践しています。

しかしなかなか思うようなダイエット効果が得られず断念してしまったり、自分には合わないとあきらめる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなウォーキングダイエットで効果が出ない原因と対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ウォーキングダイエットの効果

ウォーキングの効果
ウォーキングは有酸素運動で、酸素を取り入れながら脂肪を燃焼させていくことができます。

さらに血行促進効果、ストレス解消効果もあります。

またウォーキングダイエットは関節に負担もかからないのでケガの心配も少なく、運動が苦手な方でも安心して体を鍛えていくことができ、負担が少ないため続けやすいメリットもあります。

ウォーキングダイエットで効果が出ない原因

ウォーキングをする女性

1.摂取カロリーがオーバーしている

ウォーキングは体に負担がかからない分、大幅なカロリー消費は期待できません。

そのためウォーキングを行いながらカロリーの高いものばかり食べていたり、暴飲暴食を続けているとウォーキングを行っていても、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうことがあります。

2.短期間で効果が出ると思っている

ウォーキングは、短期間では思うように効果を実感することができません。

負担が少なく、体を徐々に健康的に引き締めることができますが、ある程度の時間をかけることが大切です。

まずは、3か月を目標に続けていきましょう。

3.ウォーキングの時間が短い

ウォーキングは、開始してすぐに脂肪が燃焼されるわけではありません。

ウォーキング開始後20分後に脂肪がエネルギーに変換され、燃焼されていくのです。

そのため、ウォーキングを開始したらすぐに休んだり、中止したりするのではなく、20分~30分以上は自分のペースで続けていきましょう。

ウォーキングダイエットを成功させるためのポイント

ウォーキングをする女性

1.適度な食事制限を行う

ウォーキングを行いながら食事制限も行うことが大切です。

とはいえ、極端な食事制限はリバウンドのリスクを上げたり、ストレスを与えてしまいますの。カロリーを少し抑えて栄養バランスの取れた健康的な食事を心がけましょう。

2.ストレッチと筋トレを取り入れる

ウォーキングの前にストレッチを行うことで、体を柔らかくし、脂肪を燃焼しやすくして、さらにケガのリスクを防ぐことができます。

また、軽い筋トレを行うことで筋力をアップして代謝を上げ、消費カロリーを増やしてウォーキングダイエットの効果を高めていくことができますよ。

3.歩く速度を早くする

ウォーキングに慣れてきたら、少し速度を速めてみましょう。

歩く速度を速めたり、歩幅を大きくするだけで消費カロリーを増やすことができ、さらに筋力をつけていくこともできます。

腕の振りも意識すれば、さらに全身運動を行うこともできます。

ウォーキングを行うときに意識したい姿勢

ウォーキングの姿勢

ウォーキングは、ただ歩けばいいのではなく、きちんと正しい姿勢で行うことが大切です。

まずは肩、おへそ、骨盤がしっかりとまっすぐのラインになるように、また上に引っ張られるように姿勢を正しましょう。

足を出すときは、つま先で地面を蹴って、かかとで着地をします。

歩幅は少し広めに意識して、腕もしっかり降って歩いていきましょう。

ウォーキングを行うときは全身のカロリーを消費することも大切ですが、インナーマッスルを鍛えて代謝を上げていくことも大切です。

そのため疲れすぎて姿勢が乱れたり、だらだらと歩くと思うように効果が得られないので注意しましょう。

ウォーキングダイエットで使用したいサプリメント

汗を拭く女性

ウォーキングダイエットをより効果的にするために、サプリメントを使うこともおすすめです。ウォーキングダイエットを効果的にするのであれば、燃焼系のサプリメントがおすすめです。

またアイテムの中には、普段不足しがちな栄養も補ってくれるものもあります。これらを選べば、ダイエットをしながら健康面や美容面にも効果を発揮してくれるでしょう。

サプリメントはウォーキングを開始する30分ほど前に飲んでおくことが効果的です。

なかなかウォーキングで効果を実感できないと悩んでいる方は、一度サプリメントを使ってみることもおすすめですよ。

コメント