確実に痩せるために!ファスティングダイエットの正しい方法とやり方

ファスティング ファスティング

みなさん、ファスティングダイエットという言葉を知っていますか? 簡単に言うと、ファスティングダイエットとは、少しの間、食事を食べないようにするダイエット方法です。いわゆる「プチ断食」ともいわれます。

食事量が減るので当然摂取カロリーが少なくなり、ダイエット効果が得られると考えられがちですが、ファスティングダイエットは正しい方法で行わなくては失敗するリスクも大きいのです。

ファスティングダイエットのやり方について、分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

ファスティングの効果

ファスティング、腸内環境

ファスティングは摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、そのダイエット効果ばかりが注目されますが、ファスティングには体重を減らすたけでなく、食事をしないことで胃や腸を休め、体の中の環境をリセットする効果もあります。

普段から胃腸を酷使している人は、ときどきファスティングを取り入れることによって、胃腸を休めることができる、一種の健康法でもあるんです。

ファスティングダイエットの方法

ファスティング

ファスティングダイエットには、さまざまな方法がありますが、そのどれも、無理をしすぎないことが大切になってきます。

1. 準備期間

まずは食事を少なくしていき体を慣れさせ、ダイエットの準備をおこないます。この準備期間は、ファスティングダイエットと同じぐらい時間をかけておこないましょう。

2日の断食をおこないたいなら、準備期間も2日かける必要があります。

2.断食期間

準備期間が終わったら、いよいよファスティングです。食事のかわりに、水や酵素ドリンクなどを摂取します。酵素ドリンクを利用する場合には、そのアイテムによってファスティングダイエットに最適な摂取量が推奨されていますので、それを参考に飲んでみてください。

長期間の断食は健康によくないので、初めは1日から2日をめどにチャレンジしていくようにしましょう。

断食期間は、空腹感との戦いになります。空腹感をまぎらわせるために、リラックス効果のある雰囲気作りをしたり、趣味など好きなことをして過ごすと良いでしょう。

また、この期間に激しい運動は避けるようにしましょう。

3.復食期間

最後に、復食期間を設けます。準備期間と同じく、ゆっくりと時間をかけて、元の食事に戻していきます。

実は、ファスティングダイエットが成功できるかどうかは、この復食期間をどう過ごすかにかかっています。

復食期間の適切な方法は、胃腸に負担をかけないように、みそ汁やおかゆのような流動食からはじめ、徐々に固いものを食べていくことが大切です。脂肪分や糖分の高いものは胃腸をびっくりさせるだけでなく、リバウンドの危険性も高くなるので、避けるようにしてください。

休日を利用して挑戦してみて!

ソックス、足、むくみ、冷え

ファスティングダイエットは方法さえわかれば、簡単におこなうことができます。平日はいつもどおりに食事をおこない、土日にファスティングダイエットをおこなうことも、おすすめです。

ファスティングダイエット期間中は食べる量が極端に減るので、空腹感との戦いとも言えます。その場合、外食やつきあいなどの影響を受けないように休日を利用する方が失敗しにくいからです。

そうすれば、胃腸を休めることで、月曜日にスッキリと1週間を始めることができるはずですよ。気軽にできるファスティングダイエット、一度挑戦してみてくださいね。

ファスティングダイエットで何も食べないはNG!断食期間の食事と食べてもいいもの
ファスティングダイエットというと、「何も食べないダイエット」「断食」というイメージを持っている人が多いと思います。しかし、実際には、何も口にしてはいけないというものではありません。 ファスティングダイエットをやってみたいという人は、始...[続きを読む]
ファスティングダイエット中に空腹感が我慢できなくなったときの7つの対処法
ファスティングダイエットとは、断食や絶食をすることで健康やダイエット効果を期待するものです。 毎日食事を採ることで消化器官はかなり疲弊しています。断食によって内蔵を休めることで健康、美容にも効果があると言われています。

コメント

  1. 健康的に痩せるための酵素ダイエット3つの方法 | 酵素食のすすめ より:

    […] 正しいファスティングダイエットの方法 […]