ファスティングダイエットの復食期間にとってはいけないNG食べ物とは

ファスティングダイエットの復食期間にとってはいけないNG食べ物とは

ファスティングを行うなら、ぜひとも成功させたいものです。ファスティングに失敗させないためのポイントは、復食期間にあります。復食期間をどう過ごすかによって、ダイエットに成功するかどうかが左右されるからです。

特に復食期間は、食べ物に注意が必要です。誤ったものを食べてしまうと、リバウンドの原因になることがあります。今回の記事では、ファスティングの復食期間にNGな食べ物をラインナップしてみました。

ファスティングでは復食期間が大切

ヨガ

ファスティングダイエット(断食)を終えたら大事な復食期間があります。ファスティングダイエットを終えたからといっていきなり普段通りの食事に戻ったり過食をしてしまっては、胃腸がナイーヴな状態なので、不調をきたしたりリバウンドをしてしまったりします。

腸閉塞といった健康トラブルなどをきたしてしまう可能性もあります。

ファスティング復食期間に気をつけたいこと

カレンダーダイエットで効果を出す期間

まず復食期間=断食期間が基本です。断食期間が2日間だとしたら、復食期間も2日間とります。

ファスティングダイエット後の復食期間の食事といえば、お粥や味噌汁が基本と言われています。復食期間中はお粥などの消化の良いものを食べ、徐々に固形物をとり普段通りの食事に戻していくのがよいでしょう。

くわしくは前回の記事に書いていますので、そちらを参考にしてみてください。

逆に復食期間は消化の悪い食事はNGです。

復食期間にNGな食べもの

ダイエット料理、キッチン

例えば、回復食として選ぶと危険でNGな食事は動物性たんぱく質のもの(肉、魚、卵、乳製品等)です。

また、高カロリーの油物(揚げ物、バター、マヨネーズ、チーズ、スナック菓子等)も危険です。

他にもNGな食事は、焼き小麦粉と砂糖やバターを使ったお菓子(パン、クッキー、ケーキ、お饅頭等洋菓子和菓子全般)、カフェイン入りの飲み物、アルコール類です。また炭水化物ばかりをとらないようにしましょう。

麺類・丼物・パンなどの炭水化物に偏った食事になると、せっかくしたファスティングが過食になるきっかけになってしまいます。

また砂糖、塩をあまり使わず薄味にしましょう。しばらく食事をとってないと味覚はとても敏感になっています。

濃い味は食欲を増進させてしまうので注意が必要です。この点に注意して、復食期間中はよく噛むように意識し、体に聞きながら食事をし、普段の食事に戻していきましょう。

復食期間を適切に過ごしてファスティングを終えよう

リラックス

断食期間を抜けるとホッとするかもしれませんね。でも、肝心なのは復食期間です。正しい復食期間の食事の方法について理解してから、ファスティングを始めるようにしましょう。

  

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
「ダイエットの秘密」にいいね!しよう

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ファスティングカテゴリの最新記事