脂肪燃焼でダイエット効果をあげるには血糖値のコントロールが大切

ダイエット食材

脂肪燃焼のカギとなるのは「血糖値」にあります。この血糖値の数値をコントロールすることで、効率的に脂肪燃焼させることができるのです。

今回の記事では、脂肪燃焼と血糖値の関連性について、まとめてみました。


スポンサーリンク

血糖値と脂肪燃焼の関連性

脂肪を燃焼させるには、身体の中で使われるエネルギーを脂肪に変える必要があります。

通常は血液中の糖がエネルギーとして使われます。しかし、血糖値が低くなってしまうと、予備のために蓄えていた脂肪を燃焼してエネルギーとして使われることになります。

これが脂肪燃焼につながり、脂肪を減らし、ダイエット効果を促してくれるのです。

つまり、血糖値を下げて安定させることで、脂肪燃焼が行われやすい、痩せやすい体質を手に入れることが可能となるのです。


血糖値を上げない食べ物

血糖値は食事によって上昇するので、血糖値を上げない食事をすることが重要といえます。

そのため、なるべく炭水化物の多い食品は控えめにして、たんぱく質や食物繊維の多い食品を食べるようにします。そうすることで、脂肪燃焼の阻害要因を取り除くことができます。

鶏肉や豆腐など、太りづらくたんぱく質の多い食品をしっかり食べることがポイントです。


血糖値を上げない食べ方

血糖値を上げない食べ方もあります。

血糖値の上昇を緩和させる食べ方は、食物繊維を先に食べ、その後に肉や魚、最後に炭水化物を食べる方法です。

この順番で食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。


合わせて行いたい有酸素運動

食事で血糖値をコントロールすることと併せて、運動をすることも大切です。

脂肪がエネルギーとして使われる状態において、さらに脂肪が燃えやすい運動をすることで、より効果的に脂肪燃焼ができるのです。

脂肪燃焼のための運動方法は、有酸素運動を中心に行うのがおすすめです。

有酸素運動で脂肪燃焼が行われるのは、開始から20分以降と言われています。

ですから、30分から1時間程度を目安に、継続して行うことが脂肪燃焼の効果を高めるの大切です。

脂肪燃焼のための有酸素運動、おすすめ3つ


血糖値コントロールで脂肪燃焼しやすいカラダに!

脂肪燃焼のカギになるのは、食事によって変動しやすい血糖値であり、これをうまく抑えることにより運動での脂肪燃焼率が格段にアップして、より痩せやすい状態にすることがでいます。

運動と食事を上手く組み合わせることで、効果的な脂肪燃焼を促したいですね。