カリフラワーのダイエット効果とおすすめレシピ

カリフラワーのダイエット効果とおすすめレシピ

今、海外のセレブなどを中心に人気なのが「カリフラワーダイエット」だといわれています。特にNYのレストランではカリフラワーレシピが大人気!そこで今回は、そんな「カリフラワー」がダイエットに注目される理由や、おすすめレシピをご紹介します。

カリフラワーが選ばれる理由

カリフラワー,ダイエット,効果

ちょっと地味な存在の「カリフラワー」がダイエットに効果的だと言われている理由は、「食べるだけでダイエット効果がある」と言われるほど、栄養豊富だというところです。さらに低カロリーで低糖質、しかも、お米の代わりやパン作りにも活用できるなど、そのアレンジの豊富さも人気です。

カリフラワーにはどのような栄養が含まれるのでしょうか。

ビタミンB

ダイエットに嬉しい、体の代謝を高くするために必要な「ビタミンB」がたっぷりです。

  • ビタミンB1・・糖質をエネルギーに変える働きがあり、体の中に溜まるのを防いでくれます.
  • ビタミンB2・・脂質をエネルギーに変える働きを持ち、体の中にダイエットの妨げとなるものが溜まっていくのを防ぎます。
  • ビタミンB6・・タンパク質などの代謝を促し、エネルギーにするサポートをします。

健康効果の高さで有名なビタミンCは、血液をサラサラにする働きがあるため、動脈硬化の予防にも役立ちます。

ビタミンC

ビタミンCには体内の「活性酸素」を取り除く働きがあります。「活性酸素」が増えると血液の流れが悪くなり、脂肪を燃やすのに必要な‘酸素’や‘栄養素’を運ぶことができなくなります。ビタミンCの働きで活性酸素を取り除けば、血液の流れが良くなり、脂肪を燃やすのに必要な酸素や栄養を体の隅々まで運ぶことができるようになるのでダイエット効果が期待できるのです。

食物繊維

食物繊維は腸の調子を整える働きがあります。腸内環境が悪いと便秘になり太りやすくなります。食物繊維によって胃腸の働きを高め、腸内環境を良くすることでダイエット効果が期待できます。

カリウム

カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。ナトリウムはむくみの原因になるといわれているので、顔や足のむくみが気になる人は積極的に取り入れたい成分です。

カリフラワーレシピ

カリフラワーレシピ

カリフラワーライス

カリフラワーの房をある程度の大きさにほぐし、フードプロセッサーにかけてお米のようなに状態にします。その後、食べたい分だけ電子レンジで加熱してご飯代わりに使えます。

カレーやシチューなどと盛り合わせるのもおすすめです。

オリーブオイルなどのオイルで他の野菜やお肉などと炒めて、チャーハンのようにするとさらに美味しく召し上がれます。

カレーマヨネーズ焼き

  • カリフラワー 100g
  • 塩コショウ 少々
  • カレー粉 小1
  • マヨネーズ 小2
  • ピザ用チーズ 30g
  • パセリ 少々
  1. カリフラワーを一口大にほぐし、水洗いする
  2. ラップをしてレンジで1分半~2分ほど加熱する
  3. カリフラワーの水を切ってボールに入れ、塩コショウ、カレー粉、マヨネーズを入れてよく混ぜる
  4. 耐熱皿に3のカリフラワーを入れ、その上にチーズ、パセリの順にのせてトースターで3~5分ほど焼く

カリフラワーボタージュ

  1. カリフラワー(半分)をある程度の大きさにほぐして茹でます。
  2. カリフラワーに火が通ったらザルに上げて、豆乳(2カップ)と一緒にミキサーにかけます。
  3. ザルでこして、鍋で加熱し、最後にコンソメ(1個)と塩コショウ少々で味を調えます。

カリフラワーで手軽にダイエット!

ダイエット料理、キッチン

栄養価が高く、食べ応えがあるカリフラワーはダイエットにピッタリです。お料理にも使いやすい食品なので、この機会にカリフラワーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
「ダイエットの秘密」にいいね!しよう

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエット食材カテゴリの最新記事