カリフラワーのダイエット効果とおすすめな食べ方

カリフラワーのダイエット効果とおすすめな食べ方

カリフラワーは食べるだけでダイエット効果があると言われています。

それは、カリフラワーに含まれている栄養素にあります。

ビタミンB類

1つ目は「ビタミンB類」です。カリフラワーにはビタミンB1、B2、B6が含まれています。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのをサポートし、B2は脂質などをエネルギーに変えるのをサポートします。

そしてB6はたんぱく質などの代謝をサポートしてくれます。

ビタミンC

2つ目は「ビタミンC」です。ビタミンCには体内の活性酸素を取り除く働きがあると言われています。

体内に活性酸素が増えると血液がドロドロになり脂肪を燃やすのに必要な酸素や栄養素を運びにくくしてしまいます。

その結果、脂肪がつくけど燃えなくなってしまうので、脂肪が増える一方になってしまうのです。

そこで、活性酸素を取り除くことが必要なのです。

活性酸素を取り除くことで血液がサラサラになって、脂肪を燃やすのに必要な酸素や栄養素を体の隅々まで運ぶことができるようになります。

食物繊維

3つ目は「食物繊維」です。腸の調子を整える働きがあります。
腸の調子が悪くなってしまうと太りやすくなってしまいます。

腸内環境が悪い状態は、悪玉菌を発生させるアンモニアや硫化水素などで汚れた血液によって、口から入れた栄養を皮下脂肪や内臓脂肪に運んでしまうので、食物繊維を摂取して腸内環境を良くすることが必要なのです。


カリウム

4つ目は「カリウム」です。カリウムは体内のナトリウムを体外に出す働きをしてくれます。

ナトリウムはむくみの原因にもなってしまうので、カリウムを摂取することでむくみを解消してくれ、ダイエット効果を促してくれます。

こうした栄養素の相乗効果により、高いダイエット効果を得ることができるのです。

栄養素以外にも、カリフラワーは低カロリーで低糖質で、グルテンフリーなので、炭水化物の代わりにも使用できる食材でもあります。

カロリーが低いので、たくさん食べても大丈夫なのが魅力です。

おすすめカリフラワーの食べ方

そして料理へのアレンジが豊富です。

すりつぶしたり、ピューレ状にしたりなど色々な調理法として加工できるので料理の幅が広がります。

食べ方として、カリフラワーをそのまま酢や塩などの調味料を加えてビンに入れて冷蔵庫に入れて、ピクルスを作ることができます。

また、スライサーなどで細かく砕いたカリフラワーをフランパンに入れ、オリーブオイルで炒めたら、カリフラワーライスの完成です。

カリフラワーライスは炭水化物の代用に使えますので、一品あるととても重宝します。

カリフラワーはそのままでもつぶしたりしても活用でき、潰してピューレ状にすることでより食べやすくなり、ダイエットを長続きすることにもつながります。

ダイエットの心強いアイテムとして、ぜひ利用してみてください!

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエット食材カテゴリの最新記事