美容のために活用したいチアシードのお手軽で美味しい食べ方

チアシードのお手軽で美味しい食べ方ヨーグルト ダイエット食材

スーパーフードと呼ばれるチアシードは、ダイエットや健康、美容のために取り入れたい食材のひとつです。でも、毎日同じ食べ方だと飽きてしまいますよね。美容やダイエットに効果があると言っても、続けられないと意味がありません。

チアシードは味も臭いもないので、いろいろとアレンジして食べることができる優秀食材です。今回は、手軽でチアシードの効果を余すことなく得られるチアシードの美味しい食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

チアシードの基本の食べ方

チアシードのお手軽で美味しい食べ方

チアシードを水に浸けて食べるのが基本の食べ方で、チアシードと水の割合は1対6がベストです。浸ける時間が20分ならプチッとした食感が楽しめ、長くなるほどトロトロの食感が楽しめます。コツは10分経ったところでかき混ぜることです。

ジュースやスムージーなどに加えて

チラコイドスムージー

ジュースやスムージに入れるのが簡単おすすめの食べ方です。スムージー自体にも満腹感がありますが、チアシードを入れることでさらなる満腹感と栄養が摂れるので、置き換えダイエットに利用できます。

他の食べ方として、めかぶや納豆に入れる食べ方もおすすめです。チアシードをめかぶに入れるとさらなる便秘解消効果が期待でき、納豆に入れるとイソフラボンも摂れるので美肌効果を高めるのに有効です。

ヨーグルトで戻す食べ方

ヨーグルトとフルーツ、健康的なおやつ

チアシードの食べ方として、ヨーグルトで戻す食べ方も挙げられ、水で戻す際と同様に発芽毒を無毒化することができます。

プレーンヨーグルト10にチアシードを1の割合で入れて、半日以上置くだけです。ヨーグルトとの相乗効果で便秘解消効果が高まり、特に夕食後に食べると腸内環境が整えられるので翌朝スッキリすること間違いなしです。

ヨーグルトチアシードのアレンジ

チアシードのお手軽で美味しい食べ方ヨーグルト

そのままでもおいしく食べられますが、黒ゴマときなこ、お好みではちみつを入れて食べるのがおすすめです。

ゴマに含まれる脂肪燃焼効果のあるゴマリグナンと糖質の代謝をサポートするセサミン、きなこのイソフラボンと筋肉を作るのに最適なペプチドを含むのでダイエット効果やバストアップ効果も高めることができます。

チアシードをポン酢で食べる

サラダ野菜

もうひとつ、チアシードの食べ方として紹介したいのが、ポン酢にチアシードを入れて作る「チアシード入りポン酢ジュレ」です。一時期ポン酢ジュレが流行りましたが、チアシードを入れることでプチプチ食感も得られる具材によく絡むお手軽ポン酢ジュレを作ることができます。

作り方はチアシード1に対してポン酢を4から5加えて、一晩置くだけです。サラダにかけたり、ゆで鶏やポークソテー、豚しゃぶにかけるなどいろいろとアレンジできます。

ポン酢の健康効果で相乗効果!

ポン酢には疲労回復効果や減塩効果、便秘解消効果が期待できるので、塩分の摂り過ぎによる食べ過ぎやむくみ予防への効果が得られます。チアシードの効果に加わることで、一段とダイエット効果を高めることにつながります。

工夫次第で毎日楽しめるチアシード

チアシードは魔法の種と呼ばれ、美容と健康のために味方に付けたい食材です。今回紹介したチアシードの食べ方を参考に、手軽に毎日続けてみてください。

チあhシード配合!スーパー酵素プラスはチョコレート味の酵素ドリンク

コメント