ココナッツダイエットの効果と方法

ダイエット食材

海外のモデルや女優さんといった、セレブたちも取り入れていると話題の「ココナッツオイルダイエット」。ココナッツオイルをどんなふうに使えばいいのかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか?今回はココナッツオイルダイエットの効果と方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ココナッツオイルがダイエットに効果的な理由

ダイエットなのに油を摂っていいの?と思っている人は多いかもしれません。なぜ、オイルなのにココナッツオイルがダイエットに効果的なのかというと、「中鎖脂肪酸」が豊富に含まれているからです。

この「中鎖脂肪酸」は、肝臓で直接に消化吸収され、「ケトン体」という物質に変わってエネルギー源となり消費されます。そのためにコレステロールになりにくいのです。それだけでなく既に蓄積された中性脂肪まで減らす効果があるといわれています。

さらに、体の代謝を高める効果があるといわれ、脂肪を燃えやすくする効果があるのです。

ダイエットには「ヴァージンココナッツオイル」を選ぼう

ココナッツオイルは普通の「ココナッツオイル」と「ヴァージンココナッツオイル」があります。

普通の「ココナッツオイル」は精製される過程で、「中鎖脂肪酸」や健康効果の高い成分が減ってしまいますし、添加物が配合されることもあります。そこで、ダイエットをより効果的に行うには、無精製・無添加の天然100%「ヴァージンココナッツオイル」がおすすめです。

ココナッツオイルダイエットの方法

使っている油をココナッツオイルに変える

ココナッツオイルは加熱にも非常に強く、200℃までは成分が壊れません。そのため、普段加熱調理に使っている油をココナッツオイルに置き換えることがおすすめです。普段、炒め物や、揚げものに使用している油などをココナッツオイルに変えてみましょう。

料理のドレッシング

ココナッツオイルは料理のドレッシングとしても使用できます。

ドレッシングとして使用する際は、ココナッツオイル大さじ1に対して、お酢小さじ1、塩・コショウ少々で基本のドレッシングができます。お酢の代わりにレモンを使用したり、少しお醤油を加えたり、アレンジもお好みでどうぞ。

飲み物に入れて飲む

ココナッツオイルはコーヒーや紅茶、ココアのフレーバーオイルとしても使用できます。入れる量は小さじ1~2杯程度がおすすめです。特におすすめの飲み物はコーヒーです。ココナッツオイルとコーヒーの相性はピッタリです。温かい飲み物は冷えやすい女性の体を内側から温めてくれるので一石二鳥ですね。

糖質を制限する

よりダイエット効果を高めたい人は「糖質制限ダイエット」をプラスすることもおすすめです。糖分や、炭水化物を減らすことで、ごはんやパンなどと一緒にココナッツオイルを摂取するよりも、より多くの脂肪を燃焼させ、痩せやすい体を作ることができるのです。

ただ、何事にもやりすぎは体によくありません。1日1食は少量のごはんを食べる、など多少の糖質を摂るようにするほうが健康のためにはおすすめです。

注意を一言

ココナッツオイルがダイエットに効果的だとしても、摂れば摂るほど痩せるというわけではありません。1日あたり「大さじ2〜4杯」が適量だと言われています。ココナッツオイルだけで体が急激に痩せるわけでもありません。

また、ココナッツオイルをそのまま飲むこともできますが、慣れていない人がそのまま飲むとお腹を壊してしまう可能性もありますので注意が必要です。

まとめ

ココナッツオイルは適量を、効果的に使用すれば、確かなダイエット効果が実感できそうですね。ココナッツオイルはダイエットだけではなく‘美容面’でも人気があるアイテムです。取り入れやすい方法から始めてみるのはいかがですか?

初月モニター価格500円 マジカルスムージー