ダイエット中に食べてもいいギルトフリーな食べ物って何?

スルスルこうそ、酵素の分解効果 ダイエット食材

ダイエットをしている人にとって「我慢」はつきものです。

でも甘いチョコレートやケーキ、クッキー、アイスクリームと私たちの周りにはダイエットの大敵がたくさんあります。


スポンサーリンク

ギルトフリーのお菓子はダイエット中に食べてもOK!

ギルトフリー,食べ物

「食べたら太ってしまう!でもお菓子が食べたい!」

「体に悪いと分かってても、ついつい手がのびてしまう。」

そんなストレスフルなダイエット中のあなたにもってこいの食べ物があります。

それは「ギルトフリー」のお菓子です。


「ギルトフリー」とは?

ギルトフリー,食べ物

「ギルトフリーって何?」

と思われる方が多いと思います。それもそのはず、この言葉は日本にはまだ浸透しておらず、海外で注目され始めています。

「guilt(ギルト)」とは有罪、罪があることという意味です。このguilt(ギルト)がfree(フリー)なので「罪の意識がない」という意味になります。

つまり罪悪感にかられない食べ物のことです。

お菓子を食べるときに、

「つい甘いものを食べてしまった、晩ごはんは少し控えよう。」

「ダイエット中なのにスイーツが食べたい!」

そんな罪悪感を味わなくていいのがギルトフリーの食べ物です。

では具体的にどんな食べ物があるのでしょうか。


ギルトフリーな食べ物とは?

ギルトフリー,食べ物

ギルトフリーの食べ物に定義されるものは、カロリー・糖質・グルテンが少ないものを指し、主に無添加の食べ物になります。

身近な食べ物では、ナッツやドライフルーツがあります。ナッツは塩分の含まれてないものを選びましょう。

ドライフルーツも砂糖が使われていない無添加を選ぶのがポイントです。

その他、手作りをするならばバターや砂糖を使わずにココナッツミルクやアーモンドミルク、メープルシロップなどを利用するとギルトフリーのお菓子を作ることができます。


ダイエット中のスイーツはギルトフリーで!

ギルトフリー,食べ物

このように、ダイエット中にどうしてもお菓子や甘い物を食べたくなったら、我慢せずにギルトフリーの食べ物を食べましょう。

これまでダイエッターが味わってきた罪の意識を感じることなく、ギルトフリーの食べ物によって心も体も満たされるようになります。

ダイエット中の方はぜひギルトフリーの食べ物でリフレッシュしてみませんか。

置き換えダイエットに向いているスムージー おすすめ比較ランキング