夏バテしないでダイエットする方法と夏ダイエットにおすすめな食材

夏バテしないでダイエットする方法と夏ダイエットにおすすめな食材

蒸し暑くてジメジメした梅雨が明けたら夏本番! 今から夏に向けて痩せたいけれどツラいダイエットは嫌だという人は多いですよね。何とかラクして痩せる方法は・・・、

そうだ! 夏になれば夏バテして痩せるからちょうどいいんじゃない? と考えている人はいませんか? 

夏バテして痩せるのはカラダに良くないばかりか太りやすい体質になる危険があります。今回は夏バテしないでダイエットする方法についてまとめました。

夏バテ=痩せるとは限らない

ダイエット

夏バテをすると汗をたくさんかくだけでなく食欲が無くなるために「痩せる」というイメージが強いかもしれませんが本当にそうでしょうか? 

中には食事量が減って体重が減少する人もいますが必ずしも痩せるとは限りません。あまり食べていないつもりでも暑いからといって糖分がたっぷり入ったジュースをたくさん飲んだり、アイスクリームなどの冷たいものを食べたりしていると水分や糖質の摂り過ぎになって逆に「夏太り」する場合があります。

またそうめんや冷や麦など、冷たくてのど越しが良いものばかりを食べていると栄養が炭水化物に偏ってしまい体内の栄養が不足して代謝が下がってしまいます。

また、夏バテすると暑さを避けてクーラーの効いた部屋でダラダラと過ごしてしまうことが多くなります。すると全体的にカラダを動かす機会が減り、運動量が減少して脂肪が燃焼しにくい夏太り体質になってしまいます。

なかには、汗をたくさんかいて体重が減ったから痩せたと思っている人もいますが、汗をかいて体重が減るのは体内の水分が減っただけで脂肪が燃焼したわけではありません。水を飲めばすぐに元に戻ってしまいますよ。

夏バテは美容には良くない理由

ダイエットによる肌荒れ

「夏バテして痩せたけど、なんだか肌がボロボロ・・・」という経験はありませんか? 夏バテは夏の暑さによって自律神経のバランスが乱れることで引き起こされる症状です。

自律神経の乱れと肌トラブル

自律神経が乱れるとホルモンバランスまで乱れてしまいます。ホルモンバランスの乱れは繰り返す大人ニキビや、肝斑と呼ばれるシミの原因になるだけでなく、肌のバリア機能が低下して肌荒れが生じやすくなります。

さらに女性ホルモンは肌の水分量や肌のハリ・弾力などに大きな関わりがあるため、自律神経が乱れてホルモンバランスが乱れると様々な肌トラブルが生じやすくなります。

夏バテしないでダイエットするために気を付けたいこと

糖質を控えてタンパク質を摂る

ダイエットはバランスの良い食事

口当たりのいいそうめんなどの麺類は糖質過多で栄養が偏っています。またダイエット中だからといってお肉を控えているとカラダの代謝に必要な筋肉を作るためのタンパク質が不足してしまいます。

脂肪を燃焼しやすく代謝の良い痩せ体質になるためにも積極的にタンパク質を摂るようにしましょう。タンパク質はお肉だけでなく魚や大豆商品にもたくさん含まれていますから工夫して摂取しましょう。

適度な運動・筋トレ

ヨガ

暑い夏場に食事制限だけでダイエットしようとすると、どうしても夏バテしやすくなります。体内の自律神経を整えるためにも、代謝の良いカラダづくりのためにも適度な運動を取り入れましょう。

ジョギングやウォーキング、室内でもできるヨガや筋トレを行うと適度に汗をかくことができ汗腺機能を正常にすることができ、体温のコントロールを正常化させることにより夏バテを予防することができます。

さらに運動や筋トレによって筋肉がつくと基礎代謝がアップし太りにくく痩せやすいカラダになってダイエットに効果的です。

カラダを冷やさない

ハーブティー、お茶

暑いからといって冷たいものを食べたり、汗をかいたままエアコンが効いた部屋に入ったり・・・暑い夏は意外とカラダが冷えていることが多いものです。

冷えは夏バテの原因。暑い夏こそカラダを冷やさないように注意しましょう。飲み物はできれば常温か温かいものにし、エアコンが効いた部屋では羽織ものやひざ掛けなどカラダを冷やさない工夫をしましょう。

夏のダイエットにおすすめな食材

夏のダイエットには質の高い食事が重要です。食欲も低下しやすいので栄養価が高い食材を選ぶようにしましょう。

夏バテ予防効果があるビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・カリウムなどが豊富に含まれている食材がおすすめです。

豚肉

豚肉

豚肉にはタンパク質はもちろんダイエットにも夏バテの疲労回復にも欠かせないビタミンB1が多く含まれています。

ビタミンB1は疲労回復だけでなく、糖質をエネルギーに変えるはたらきもありダイエットに欠かせない栄養素です。

ニラやネギ・タマネギに含まれるアリシンという栄養素と一緒に食べるといっそう効果的に栄養が吸収されます。

トマト

トマト

トマトに限らずナスやキュウリ、ゴーヤなどの夏野菜も夏のダイエットにおすすめ。夏野菜は豊富なビタミンCやカリウムが含まれているだけでなく、自然とカラダにこもった熱を中からクールダウンさせてくれる効果があります。

なかでもトマトには「リコピン」が含まれていて、夏の紫外線からのメラニン生成を抑制してシミを防ぐ美肌効果もありダイエットにも美容にもうれしい食材です。

梅干し

梅干し

梅干しには夏バテ予防に役立つ“クエン酸”が豊富に含まれています。クエン酸は乳酸などの疲労物質の解消だけでなく、代謝アップ効果もあります。

さらに梅干しには食欲を促進する効果もありますから夏バテ予防におすすめ。そのままご飯と一緒に食べるのもいいですが、角切りにした長芋やキュウリとあえたり、鶏肉と一緒にサッパリ煮にしたり・・・工夫して取り入れるといいですよ。

夏バテせずに夏ダイエットを成功させよう

夏ダイエットにおすすめな食材

いかがでしたか? 今回は夏バテしないでダイエットする方法についてまとめました。

「夏バテすればダイエットもできて一石二鳥では?」と思っていたあなた。夏バテで体重が減ったとしても脂肪が燃焼して痩せたのではなく筋肉まで落ちただけで基礎代謝が落ちた状態です。これでは一時的に痩せたと思っても夏が終わるころにはすぐにリバウンドしてしまいますよ。

夏バテしないで健康的にダイエットするのがベストです。むやみに食事制限せずに運動を取り入れながら効果的に夏ダイエット成功させましょう!

  

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエット食材カテゴリの最新記事