ダイエットのミカタ!スーパー大麦ともち麦の違い

ダイエットのミカタ!スーパー大麦ともち麦の違い

美容や健康に敏感なモデルやセレブを中心に多くの方がその高い効果に注目し、食事に取り入れている大麦ですが、最近さらにダイエット効果が期待できる『スーパー大麦』というものが新たに人気を集めています。

そして大麦と同様にしダイエット効果が高く、そのもちもちした触感から人気の高いもち麦。この二つはどのような違いがあるのか今回調べてみました。

スーパー大麦とは?

スーパー大麦,もち麦,違い

スーパー大麦とは、10年の時をかけ開発された遺伝子組み換えの大麦です。通常大麦よりも豊富な食物繊維を含み、腸内環境改善に高い効果を発揮してくれます。

またβグルカン、フルクタン、レジスタントスターチといった3種類の食物繊維が含まれているのも、このスーパー大麦の特徴の一つでより効率よく腸を刺激し活性化してくれるのです。

スーパー大麦ともち麦の違いとは?

スーパー大麦,もち麦,違い

1.食物繊維の含有量

まず大きく違うのは、その食物繊維の含有量です。もち麦にもスーパー大麦にも豊富な食物繊維が含まれていますが、特にスーパー大麦はもち麦の2倍の食物繊維を含んでいます。

その分、腸内環境を改善する効果も高いため、ダイエットにも効果的といえるでしょう。

2.食物繊維の種類

次に食物繊維の種類です。

どちらもコレステロールの吸収を抑え、肥満を解消に導いてくれる、βグルカンという食物繊維は豊富に含んでいます。

スーパー大麦は、そのβグルカンに加えフルクタン、レジスタントスターチも含まれているため、3段階にわたって腸内に働きかけることが可能です。

特にレジスタントスターチは、腸の奥までしっかり届いて働きかけるため消化されにくく、大腸まできちんと届いて作用することができます。

また、フルクタンには血糖値の上昇を防ぎ糖の吸収を抑えて脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるため、より効果的にダイエットをサポートしてくれます。

どちらもダイエット向きの食材

痩せたい、食物繊維

この違いから、よりダイエットに効果を発揮してくれるのはスーパー大麦といえるでしょう。

ただし、どちらも白米や玄米に比べて食物繊維の含有量は圧倒的に多く、腸内環境にはとても効果的です。是非積極的にスーパー大麦やもち麦を食べて、体の中からすっきりと健康的にダイエットをしていきましょう。

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエット食材カテゴリの最新記事