海外セレブも夢中!スーパーフードとは?その種類と特徴

スーパーフード ダイエット食材

健康のため、食事に気を使っている人ならスーパーフードという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。海外のセレブも大注目のスーパーフードとは、一体どんな食品のことなのでしょう。

スーパーフードの特徴と種類についてまとめてみました。

スポンサーリンク

スーパーフードって何?

スーパーフードって何

スーパーフードとは、1つの食品の中に、たくさんの必須栄養素や健康成分を含んでいるもの、それでいて低カロリーで健康に良い自然食品のことです。

また、サプリメントのように精製されたものではなく、自然から得られ、料理の食材として利用できる健康食品のことです。

多くの栄養素を持った食材を自然のまま食べることで、栄養素と栄養素による相乗効果が発揮され、より高い効果が得られると言われています。

スーパーフードの種類と特徴

それでは、具体的にどんな食品がスーパーフードと呼ばれているのか、ご紹介します。

スピルリナ

スピルリナ

スピルリナとは、約30億年も前に出現した藻の一種で、湖などに自生しています。良質なたんぱく質を60~70%も含み、必須アミノ酸を全て含んでいます。ビタミンB群やミネラルといった緑黄色野菜に含まれる栄養素を豊富に含むことが特徴です。

アルカリ性のスピルリナは免疫力を高める働きがあります。また、アンチエイジングや抗炎症作用効果もあると言われています。

粉末状で販売されているので、スムージーやドリンクにさっと混ぜる、また、カレーなどの材料としても使えます。

アサイー

アサイー

アサイーとは、ブラジル、アマゾンが原産のヤシ科の植物の実です。直径1cmほどの紫色の果実で、見た目はブルーベリーにも似ています。必須脂肪酸、アミノ酸、食物繊維、各種ビタミン、ポリフェノールや豊富なミネラル分など豊富な栄養素をバランス良く含み、ブラジルでは「ミラクルフルーツ」とも呼ばれています。

この栄養価の高さとバランスの良さから、生活習慣病の予防、疲労回復、デトックスなど、健康や美容にさまざまな効果があると言われています。

ピューレ状やジュース、粉末、冷凍のものも販売されています。アサイーそのものにはあまり味がなくクセがないので、ヨーグルトやスムージーに混ぜるのが一般的です。

アサイーのスムージーにフルーツやシリアルを添えて食べる、アサイーボールがよく知られています。アサイーの入ったジャムなどもありますが、糖質が多いことがあるのでよく注意しましょう。

カカオ

カカオ

チョコレートの原料となるカカオもスーパーフードの一種です。カカオには、抗酸化作用の高いカカオポリフェノールを含んでいる他、ビタミンやミネラル、食物繊維も含んでいます。

カカオパウダーやカカオニブとして販売されています。カカオパウダーはドリンクやお菓子の材料に、カカオ豆を砕いてチップ状にしたカカオニブは、シリアルなどと混ぜてそのまま食べられます。

チョコレートやココアにもカカオは含まれていますが、糖分や油脂、添加物が多く含まれていることが多いので、注意しましょう。

クコの実

クコの実

クコの実は、別名ゴジベリーとも呼ばれています。中国原産の赤い果実です。

中国では昔から漢方の一種として用いられ、薬膳などにも取り入れられています。βカロチンを豊富に含み、その他にも多種多様なビタミン、ミネラルを含みます。アンチエイジングや血行促進、血圧低下など様々な効果があるとされています。

ドライフルーツとして販売されていることが多く、サラダやスープのアクセントにしたり、シリアルに混ぜたり、スムージーに入れたりして利用します。

ココナッツ

ココナッツ

ココナッツは熱帯アジア原産のココヤシの実です。その果実は栄養価が高く、捨てるところがない万能食品として古くから重宝されていました。ココナッツオイル、ココナッツミルク、ココナッツバター、ココナッツウォーター、ココナッツシュガーなどが生産されます。

ココナッツオイルは、体に蓄積されにくい中鎖脂肪酸を多く含み、太らない油として注目されています。

ココナッツシュガーは、血糖値の上昇が緩やかで体への負担が少ない多糖類です。ココナッツウォーターは天然のスポーツドリンクとも呼ばれ、低カロリーでコレステロールもゼロです。アメリカでは、ココナッツに由来した多くの商品が大人気で、多くのセレブも利用しています。

チアシード

チアシードのダイエット効果

中南米原産のシソ科の植物の種子です。古くから元気の出る食材として愛用されてきました。

チアシードには、体の機能をよくする働きをするオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)という必須脂肪酸を多く含みます。そのほかにも、食物繊維、ミネラル類を多く含んでいます。

ゴマのような見た目で、そのままふりかけて食べることもできます。また、水に浸しておくと、約10倍に膨れ、ゼリー状になります。ゼリー状の成分はグルコマンナンと呼ばれる食物繊維です。ヨーグルトやスムージーに入れると独特の食感を楽しむことができます。

カムカム

カムカムは南米の熱帯雨林に自生する植物です。カムカムベリーと呼ばれる実を乾燥して粉末にしたものが古くから利用されてきました。

カムカムの特徴はなんといっても、ビタミンCの含有量の多さです。また、カルシウムやアミノ酸も豊富に含んでいます。
パウダー状で販売されているので、スムージーやドリンクに混ぜるとよいでしょう。ピリッとした酸味があるのが特徴です。

キヌア

スーパーフード

キヌアはアンデス山脈一帯の地域で古くから用いられてきた植物です。穀物として利用されますが、糖質が少なく、良質のたんぱく質を多く含み、栄養価も高いのが特徴です。

お米と一緒に炊いて食べるとお手軽です。独特の食感があるので、スープやサラダにも使えます。

ヘンプシード

ヘンプシード

ヘンプシードは、中央アジア原産のアサ科の植物の種です。麻の実とも呼ばれます。日本でも古くから雑穀として用いられてきました。

ヘンプシードは良質なたんぱく質を豊富に含み、肉や魚にも勝るほどです。さらに、α-リノレン酸を多く含み、ビタミン、ミネラルも豊富です。ガンのリスクを下げたり、コレステロール値の値を下げる効果があると言われています。

サラダなどのトッピングにしたり、そのまま食べてもよいでしょう。お菓子の材料にしたり、ドレッシングに混ぜても美味しいです。

スーパーフードを上手に利用しよう

スーパーフード

スーパーフードと一口に言っても、色々な食品があります。提唱者によって若干定義が異なることがあるので、食品の種類も様々です。

私たちの身近にある野菜や果物、海藻類などの中にもスーパーフードと呼ばれているものもあります。

でも、こうして見てみると、日本人には耳慣れない食品でも、原産地では、古くから栄養価の高い食品として愛されてきたものが多いことが分かります。

せっかくのスーパーフードなのですから、オーガニックなどの良質のものを選ぶとよいでしょう。

また、いくら体に良いからと言っても、一つの物を多くとりすぎては、かえって体の負担になることもあります。普段の食生活に上手に取り入れていくといいですね。

コメント