リフトアップ効果のある化粧品に入っている成分

リフトアップ効果のある化粧品に入っている成分

スキンケアを行う際に気になるのは、そのリフトアップ効果です。たるんだ肌をピンと引っ張ってくれるだけで、いくつも若返って見えます。でも、リフトアップ効果のある化粧品を選ぶためにはどんな成分に注目すればいいのでしょうか?

今回は、そんなリフトアップ効果のある成分について調べてみました。是非、化粧品を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

プロテオグリカン

小顔になるためのマッサージ方法

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果があります。さらに高い保湿力があるため、肌に潤いを与えハリを取り戻してくれるのです。

また、潤いが肌に保たれることで、肌のターンオーバーも正常に機能し始めたるみやシミ、シワなども改善しアンチエイジング効果も期待できます。

ビタミンC誘導体

グレープフルーツ、ピンク

ビタミンCは美容に高い効果があることは分かっていますが、そのままの状態では非常に壊れやすいため肌に浸透させることはできません。

そのため、壊れにくく肌に浸透しやすい状態にしたビタミンC誘導体ならば、肌にしっかり働きかけて、抗酸化作用が期待できます。

新陳代謝を高めて美白効果もあり、コラーゲンの生成にも重要な栄養素となるため、潤いを与えてくれてハリをよみがえらせてくれるのです。

レチノール

美白にも高い効果を発揮してくれるレチノールは、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の働きを促すことができるため、効率よくコラーゲンやヒアルロン酸を増やしていきます。

ビタミンC誘導体よりも肌にハリを与える効果は高いですが、その分刺激も強いため、敏感肌の場合は要注意です。

ナイアシン

小顔になるためのマッサージ方法

同じく、コラーゲンの生成を促し肌にハリを与えてくれます。抗酸化作用もあるため、肌のターンオーバーを正常化する効果も期待できます。

ビタミンC誘導体やレチノールよりも肌に刺激が少ないのが特徴です。

コラーゲン

肌に弾力を与える重要な役割を担っていますが、加齢とともにどんどん減少していきます。そのため、25歳を過ぎたら化粧水から不足分を補うことで効果を実感することができます。

潤い不足による肌の老化やたるみを感じている方は、コラーゲンが含まれているものを選んでいきましょう。

ヒアルロン酸

青色、食欲減退

同じく肌に潤いを与えてくれる成分で、肌を乾燥から守りしわやたるみを改善しもちもち、ふっくらした肌に仕上げてくれます。季節によっても乾燥が目立つ場合があるので、肌の状態によっても取り入れていくといいでしょう。

アスタキサンチン

活性酸素を除去する効果があり、アンチエイジング効果が高い成分です。リフトアップにも高い効果があるため、早めに対策を取りましょう。

  

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
「ダイエットの秘密」にいいね!しよう

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエットアイテムカテゴリの最新記事