スポンサーリンク

中性脂肪をためないための生活習慣とは?

中性脂肪が体内に蓄積されると、悪玉コレステロールも増え血液はドロドロになり体には様々な影響が出てきます。

今回はそんな中性脂肪をため込まないための生活習慣について、どんなことに気を付けていけばいいのかを調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食生活を改善する

ゆっくり,噛む,食べる,ダイエット

中性脂肪は、体の中でエネルギーに還元されなかった糖や脂質が蓄積され変化したものです。そのため、食事も脂っこいものやカロリーの高いものは避けていきましょう。

また、食事をとる際はよく噛み満腹中枢を刺激して暴飲暴食を避けるように心がけるのもポイントです。

さらに、食事の際は最初に食物繊維を取り入れることで、血糖値の上昇を抑え糖や脂質の吸収を効果的に抑えていくこともできます。

そして、寝る直前に食事をとることも脂肪の蓄積の現認になるので、眠る3時間前に食事を終えることも大切です。

適度な運動を取り入れる

ダイエット,ボディメイキング

運動が苦手な方も、適度な運動を取り入れて脂肪燃焼を心がけましょう。

毎日運動を習慣化することで、代謝もあがり痩せやすく、中性脂肪をため込みにくい体に改善していくことも可能です。

通勤途中のウォーキングや寝る前のストレッチなど、無理のない程度に待市に続けられる運動を選んで取り入れていくことがオススメです。

十分に睡眠をとり、ストレスをため込まない

睡眠不足,贅肉,増える

睡眠不足や夜更かし、ストレスなどはホルモンバランスや自律神経を乱し、代謝を鈍くさせてしまう原因になります。代謝が悪くなると今までと、同じ食事量でもカロリーは消費されにくくなるため、中性脂肪はどんどんたまっていってしまいます。

睡眠時間は、6時間から8時間を目安にしっかりと取りましょう。

また、ストレス発散方法を見つけてストレスをため込まないことも大切です。

お酒とタバコをやめる

中性脂肪,生活習慣

タバコに含まれるニコチンには、悪玉コレステロールを増やす作用があり、中性脂肪をため込む原因になります。

また、お酒は思っている以上にカロリーが高く、油断しているとどんどん太ってしまいます。

中性脂肪の蓄積が気になる方は、この機会にアルコールの量を減らし禁煙を目指すことをオススメします。

食物繊維豊富な青汁も効果的

中性脂肪,生活習慣

生活習慣をすぐに変えていくのはとても大変です。特に、仕事が忙しい方や毎日夜遅く帰ってくる方にとっては、なかなかできないことも多いのではないでしょうか?

そんな時にオススメなのが青汁です。

食欲がないときでもさっと溶かすだけで、豊富な食物繊維と栄養を補うことができ中性脂肪対策にはとても効果的ですよ!

朝食前や寝る前などライフスタイルに合わせて飲むことができるので、是非一度試してみてはいかがでしょうか?