夕食を置き換えダイエットするメリットとデメリット

シボヘール、効果3 置き換えダイエット

置き換えダイエットは効果が高くて、方法もシンプルなので、多くのダイエッターが行っています。しかし、置き換えダイエットといっても、朝、昼、夜のどの食事を置き換えるかによって、メリットとデメリットがあります。

この記事では、夕食を置き換えダイエットするときのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。


スポンサーリンク

夕食を置き換えダイエットするってどういうこと?

フルーツ青汁で夕食置き換えダイエット

夕食置き換えダイエットとは、いつもの夕食を低カロリーなものに置き換えることで一日の総摂取カロリーを減らし、減量を図るというものです。

置き換えダイエットは、普段の食事を低カロリーなものに置き換えるということですが、1日3食のうち、夕食を置き換える方法のことを指しています。

置き換える食品は、いろいろなものが考えられますが、栄養面やカロリー、価格などから考慮した場合、私はフルーツ青汁をおすすめしています。


夕食を置き換えダイエットするメリット

フルーツ青汁ダイエット

夕食置き換えダイエットのメリットは、何よりも簡単に実行出来るという点です。多くの人は、夕食の摂取カロリーが高いので、夕食を低カロリーなフルーツ青汁に置き換えることで、摂取カロリーを減らすことが容易になります。

朝食や昼食よりも、就寝前の食事を低カロリーな物へ置き換えるので、より効果が期待できるわけですね。


夕食を置き換えダイエットするデメリット

フルーツ青汁で置き換えダイエットするには運動も大切

しかし、デメリットも存在します。

夕食置き換えダイエットを行うことで、1日の摂取カロリーを抑えることができますが、運動して痩せるわけではありません。そのため、筋肉が落ち、リバウンドしやすい体になってしまうという点が大きなデメリットでしょう。

筋肉が落ちると、基礎代謝が低下し、一日の消費エネルギーが減少してしまうためです。

リバウンドのリスクを減らすには、夕食置き換えダイエットだけでなく、適度な運動を行い、基礎代謝を落とさないことが大切です。

置き換えダイエットに向いているフルーツ青汁ランキング