スムージーダイエットで便秘が解消できない理由とその対策

便秘改善や予防ののためにスムージーダイエットを実践してる人は多いです。

野菜などの食物繊維がたっぷりのスムージーは便秘にとても良さそうですが、中には便通が悪くなってしまったり、便秘が改善されないという人もいます。

なぜ、スムージーを飲んでいるのに便秘になってしまうのでしょうか。


スポンサーリンク

便秘の原因が異なるため

スムージーダイエット,便秘,対策

それは、便秘のタイプが関係してきます。

ストレスや睡眠不足で自律神経が乱れてしまったことが原因による便秘の場合は、腸がストレスによって過敏に反応してしまう状態で、大腸が細くなってしまいます。

このため、便が通りにくい状態となっています。

この便秘の特徴として、便秘と下痢が交互に起きることです。

腹痛を伴う場合があり、食後によく症状があらわれやすいという特徴があります。


ストレス性の便秘

スムージーダイエット,便秘,対策

ストレスが原因となって引き起こす便秘は腸が痙攣して起こすので「痙攣性便秘」と言われます。

ストレスが原因の便秘にはスムージーを飲んでも便秘改善の効果はあらわれにくいです。

痙攣してる腸に食物繊維で刺激してしまうとさらに悪化してしまうので、ストレス発散をすることが便秘対策と言えます。


他にもスムージーで解消できない便秘はある

スムージーダイエット,便秘,対策

それから、便意を我慢しすぎたり、浣腸や便秘薬の使いすぎで便意を感じなくなってしまった、「直腸性便秘」と呼ばれる便秘もスムージーを飲んでも効果が出にくい便秘のタイプと言われます。

この場合、腸は正常に動いているので、食べ物や飲み物では改善せず、定期的にお手洗いに行く習慣をつけることが便秘対策につながります。

こうした、便秘のタイプによって食物繊維が豊富に含まれているスムージーダイエットをやっても、逆効果となってしまうことがあるのです。

スムージーで便秘解消できないときの対策

グリーンスムージー

ストレスが原因の「痙攣性便秘」には元凶となるストレスを取り除くことを心がけ、浣腸や便秘薬を多用してしまうことで便意が感じにくくなってしまった「直腸性便秘」には、便意を感じたらすぐにお手洗いに行く習慣をつける対策をとることが大切です。

便秘のタイプによって、スムージーダイエットの効果を得ることができないこともあることを頭に入れ、自分の便秘のタイプにより、対策を考えることが必要となります。

便秘解消に効果的なスムージーや野菜ジュースのレシピ