スムージーと野菜ジュースの違いって何?

スムージーって最近よく耳にしますが、野菜ジュースとどう違うの?と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

あらためて聞かれると、よくわからないスムージーと野菜ジュース。その違いについて、調べてみました。

スポンサーリンク

スムージーと野菜ジュースの基本

スムージーとは?

もともと、凍らせた野菜や果物などを、凍ったままミキサーに入れ、粉砕・撹拌して作ったシャーベット状の飲み物です。最近では、水を加えたり、生の野菜や果物を使うなど、スタイルが変わってきています。

野菜ジュースとは?

野菜のみ又は野菜と果物を組み合わせて、低速ジューサーにかけて、水分を絞り、繊維質を取り除いて、果汁のみの飲みやすくした飲み物です。基本的に水やハチミツなどは使用しません。

使用する道具の違い

スムージーと野菜ジュースの最も大きな違いは、使う道具が違います。

基本的には、「ミキサー」で作るのがスムージー、「ジューサー」で作るのが野菜ジュースです。

ミキサーは、刃で野菜や果物を細かく切り刻み、材料を混ぜ合わせます。繊維質も含まれるので、ドロッとした食感になります。

一方、ジューサーは、野菜や果物から繊維質を分離し、水分を絞り出すものです。繊維質が含まれないので口当たりがよく、さらっと飲めます。

食材の違い

グリーンスムージーには、適さない野菜があり、主に葉物野菜を中心に作られます。腸内でガスが発生しないように、でんぷん質の低いものが選ばれます。

一方、野菜ジュースは、さまざまな野菜や果物から作られます。グリーンスムージーには適さないとされる、でんぷん質の多い人参やかぼちゃも含まれます。

栄養素の違い

食物繊維の中の不溶性食物繊維は、野菜や果物の絞りカスに多く含まれています。

グリーンスムージーは、食物繊維がとても豊富です。ドロッとした食感は、不溶性食物繊維が入っている証拠です。

それに比べて野菜ジュースは、飲みやすい変わりに、スムージーと比べると食物繊維が少なくなります。

どっちを飲むのがおすすめ?

違いは何となく分かったけど、けっきょく健康と美容のためにはどちらがおすすめなのでしょうか。

例えば、酵素や食物繊維などの栄養素を、野菜からしっかり補いたい方はスムージーを飲むと良いでしょう。手軽に野菜を補いたい時や、胃腸の調子が悪い時は食物繊維が少ない野菜ジュースがおすすめです。

どちらにしても、普段不足しがちな栄養素や食物繊維を補給できることに間違いありません。自分の好みや体調に合わせて、スムージーと野菜ジュースを飲み分けるのが良いかもしれませんね。

置き換えダイエットに向いているスムージー おすすめランキング