機能性表示食品と特定保健用食品 (トクホ)の違いって何?

機能性表示食品と特定保健用食品 (トクホ)の違いって何?

最近は、健康食品の中にも、機能性表示食品とか、特定保健用食品 (トクホ)といった表示が見られます。どちらも、健康効果がありそうに見えますが、2つはまったく同じものではありません。

そこで、機能性表示食品と特定保健用食品 (トクホ)の違いについて、簡単にまとめてみました。


機能性表示食品

消費者庁許可のマークがありません。事業者(企業や団体など)の責任で消費者庁に届け出を出さないといけません。

機能性表示食品は事業者の責任で科学的根拠をもとに商品パッケージに機能性を表示されたものです。科学的な根拠を示せば国の審査なしに健康への効用を表示できます。

例えば「健康を維持する」「内臓脂肪を減らす」など。企業にとってはハードルが低く販売しやすいですが、消費者側からはチェックが甘いとの指摘があるようです。

特定保健用食品

消費者庁許可のマークがパッケージに表示されています。国の審査を受けるには消費者庁長官の許可が必要になります。

トクホは、安全性や有効性について国の審査があり、審査に通れば、健康効果の表示ができます。安全性や有効性を治験しなければならず、かなりのお金がかかるうえ、販売許可が下りるまでに2年ほど時間がかかります。そのため、メーカー側にとっては少しハードルが高いものとなっています。

特定の保健用途の表示が使用できます。例えば「お腹の調子を整えます」など。また、「丈夫な骨を作るのに適している」といった、疾病リスク低減表示も可能になります。


どちらも食品としてうまく利用したい

機能性表示食品とトクホ、どちらも栄養成分の含有率の表示が可能になります。

こうやって違いをくらべてみると、トクホのほうがいいんじゃないかと思うかもしれません。しかし、機能性表示食品でもいいものはたくさんあるので、選ぶ際はパッケージの表示をよく確認して選びたいですね。

ダイエットの秘密の最新情報をメールで受信できます

メールの無料登録でダイエットの秘密の最新記事を受け取ることができます。 ダイエットにおすすめ情報やお得なキャンペーンも配信しています。 無料登録は以下のフォームからメールアドレスを送信するだけです! 解除はいつでも可能ですのでお気軽にご登録ください。

ダイエットサプリカテゴリの最新記事